【2016F1日本GP】鈴鹿ラストランのフェリペ・マッサ、大歓声でファンに迎えられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

いよいよ明日から走行が始まる2016F1日本グランプリ。今年も初めて鈴鹿を走るドライバーも何人かいるが、逆に“今年が最後の鈴鹿”になるドライバーもいる。それが、フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)だ。

今年のイタリアGP前に2016シーズン限りのF1引退を発表。これまで11勝を挙げ2008年には最終戦までチャンピオン争いに加わるが、わずか1ポイント差で悔し涙をのんだ。

また2009年ハンガリーGPでは、前を走るマシンから脱落したパーツがヘルメットに直撃し、一時意識を失うほどの重傷を負うが、それでも諦めずに翌2010年にレース復帰。その後は苦戦も強いられるレースが多かったが、2012年には不屈の闘志で鈴鹿で2位表彰台を獲得するなど、どちらかというと成績よりもファンの印象に残る熱い走りを見せたドライバーだった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そんなマッサの走りが鈴鹿で見られるのも、今年が最後。6日に行われたドライバーズサイン会に登場すると、グランドスタンドからは誰のファンなど問わず全員が拍手で出迎えた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

マッサはファンに向けて鈴鹿への思いをまとめて語り「鈴鹿には素晴らしいファンがいて、素晴らしいレーストラックがあって、僕にとって特別な場所。今年はここでの最後のレースになるけれども…僕は鈴鹿で走れたことが、本当に誇りに思う」とコメント。スタンドは、この日一番と言っても良いほどの大歓声に包まれた。

©K.Oda/KANSENZYUKU

その後、サイン会に当選したファンが待つエリアに行くと、一人一人丁寧にサインをし、時にはわずかではあるが言葉を交わしている姿も見られた。

今季はここまで表彰台がなく、後半戦はポイントを獲得できないレースが続いているが、彼も大好きだと語る鈴鹿でのレース。とにかく、悔いのないレースウィークになることを願いたい。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そして、明日から鈴鹿に駆けつけるファンにとっても、彼のF1での走りを観られるラストチャンス。是非、その勇姿を目に焼き付けてほしい。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-5-3

    【SGT】2017第2戦富士:予選日開幕!早くも昨年を大きく上回る賑わいに

    2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…

最近の記事

  1. 今年で101回目を迎えた伝統のレースイベント「インディ500」で、佐藤琢磨(アンドレッティ・…
  2. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」。GT300クラスは…
  3. 2017年のスーパーGTシリーズ第2戦の決勝レースが4日、富士スピードウェイで開催。GT50…
  4. 第40回目の記念大会となる鈴鹿8時間耐久ロードレース。今年は10代から20代に向けた、レース…
  5. ©︎H.Yoshii 2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士ス…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る