【2016F1日本GP】メルセデス同士のPP対決が白熱!ロズベルグが3年連続で鈴鹿ポールポジション!

©KANSENZYUKU

2016年のF1日本グランプリ。注目の公式予選が鈴鹿サーキットで行われ、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)が今季8回目のポールポジションを獲得した。

まず全22台から16台に絞り込まれる予選Q1では、今週末好調のメルセデス勢がソフトタイヤを温存しミディアムタイヤでアタック。その結果、ソフトを使ったセバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネンのフェラーリ勢の先行を許すが、3・4番手でQ2進出を果たした。

©KANSENZYUKU

一方、ホンダの地元レースで期待かがかかったマクラーレン・ホンダ勢だが、予想以上に苦戦。特に2回目のアタックでは思うようにタイムを伸ばせず、フェルナンド・アロンソが16番手でギリギリ通過。ジェンソン・バトンはわずか0.023秒足りず早くもQ1敗退を余儀なくされた。

続くQ2。グリーンシグナルが点灯すると、真っ先にメルセデス勢がソフトタイヤをつけてコースイン。Q1以上にペースをあげロズベルグが1分30秒714を僚友のルイス・ハミルトンも2番手につける。

なんとかQ3に進出したいアロンソだったが、タイムを伸ばせず1分32秒689で15番手。地元レースでまさかの下位に沈む結果となった。またQ3をかけた10番手争いも熾烈になり、最初はウィリアムズ勢が飛び込んできたが、最後のアタックでフォース・インディア勢が逆転。名門ウィリアムズ2台をQ2でノックアウトさせた。

これで鈴鹿ラストランとなるマッサも残念ながらQ2で敗退。また今季から参戦しているハースは2台揃ってQ3へ進出、まさにチームベストの予選となった。

©KANSENZYUKU

そして、最終の予選Q3。ここまでロズベルグのペースで進んできたが、1回目のアタックでトップに躍り出たのはハミルトン。Q2のベストタイムを上回れなかったロズベルグに対し0.2秒リードする。もちろん、ロズベルグも黙ってはおらず、新品のソフトタイヤを装着し再度コースイン。1分30秒647をマークしトップを奪い返す。ハミルトンも続いて2回目のアタックをするが1分30秒660。わずか0.013秒差でロズベルグが競り勝ち、今季8回目、通算30回目のポールポジションを勝ち取った。2番手にはハミルトン、3番手にはキミ・ライコネン(フェラーリ)が入った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

ハミルトンとの激しい争いを制し、鈴鹿で3年連続ポールポジションをつかんだロズベルグ。ただ今年は非常に僅差で、距離に換算すると約82cmという、まさに接戦だった。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る