【MotoGP™】2016日本グランプリが開幕!いきなり波乱含みの展開となった初日はホルヘ・ロレンソがトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©MotoGP™
©MotoGP™

バイクレースの世界最高峰シリーズであるMotoGP™第15戦MOTUL日本グランプリが14日、ツインリンクもてぎで開幕した。

©MotoGP™ ©MotoGP™

今年は初日から晴天に恵まれ、日中は外で観戦していると夏を思わせるかのような強い日差しが照りつけていたが、1年に一度の世界最高峰クラスの戦いが日本で見られるとあって、金曜日から多くのファンが来場。イベントも開催され大盛り上がりとなっている。

MotoGP™は今年からタイヤメーカーがミシュランに変更され、ECUも統一のものを使用しなければいけない。これが週末のマシンセッティングの合わせこみに大きく影響するようで、フリー走行1回目から積極的に走り込むライダーの姿が印象的だった。

またミシュランでのもてぎのレースウィークももちろん初めて。それもあってか、初日から転倒するライダーが続出。この日だけでもダニ・ペドロサ、ユージーン・ラバティなど3〜4人が転倒を喫していた。

そんな中でトップタイムを記録したのはホルヘ・ロレンソ。2番手にはアンドレア・ドヴィツォーゾ、3番手にマーベリック・ビニャーレスという上位陣。トップ7が0.4秒以内にひしめく大接戦となった。今回もワイルドカードで参戦している中須賀克行は17番手となった。

またセッション中の転倒を喫したダニ・ペドロサは、そのままスペインに帰国して手術及び治療に専念する事が決定。代役として、急きょ青山博一が参戦する事が発表された。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

また今年もMotoGPようにオーバルコースのピット上にV席スタンドが設置され、より近い位置でレース観戦が出来るようになっているほか、その裏は「ホスピタリティガーデン」と称して、様々な施設や飲食店舗が建ち並ぶスポットに変貌。キッズスペースや女性限定のスペース、インフォメーションブースに手荷物預かりサービスなど、ファンが1日そこで滞在してもなんら困らないほど、コンテンツが充実していた。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  2. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…
  3. 鈴鹿サーキットで行われた2017年のスーパーフォーミュラ第1回合同テスト。2日目午後のセッシ…
  4. 2017年のスーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。注目のGP2王者ピエール・ガスリー(TEAM…
  5. 鈴鹿サーキットでの2017スーパーフォーミュラ合同テスト1日目で、アンドレ・ロッテラー(VA…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る