【HRTD2016】アロンソがRC213Vで2年連続デモラン!バトンもNSX CONCEPT-GTでアクセル全開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎SHIGE.Y
©︎SHIGE.Y

毎年恒例のホンダによるシーズンオフイベント「HONDA RACING THANKS DAY2016」がツインリンクもてぎで開催。今年も、このイベントでしか実現しない夢のコラボレーションが行われた。

今年はMotoGPのマルク・マルケス、ダニ・ペドロサに加え、F1からフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンも参加。4人が揃うのは、ほぼ初めてなので、朝から多くのファンが来場し大にぎわいとなった。

前回のサンクスデーではアロンソがMotoGPバイクに乗り、マルケスがSUPER GTのNSX CONCEPT-GTで走行するという夢のようなコラボレーションがあったが、今年はさらにグレードアップ。アロンソはマルケスとともにRC213Vでコースイン。昨年はサプライズということでF1用のヘルメットで乗っていたが、今回はわざわざ2輪用のヘルメットを新調。マルケスに全く劣らないペースで走行していた。

©︎SHIGE.Y
©︎SHIGE.Y

今季限りで引退を表明したバトンはSUPER GTのGT500クラスで今季戦ったNSX CONCEPT-GTに乗り込みコースイン。デモランではあるもの、1周目からアクセル全開。ほぼレースラップと変わらないペースで走行。また乗車したNo.15ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GTは、これでラストラン。有終の美を飾るにふさわしい走りをみせた。

©︎SHIGE.Y
©︎SHIGE.Y

また、1991年のチャンピオンマシンであるマクラーレン・ホンダMP4/6もドライブ。このマシンは初めて乗ったとのことで、3ペダルのHパターンシフトのマシンに乗るのも久しぶりということで、色々試しながらのドライビングになったというが、ホンダのV12サウンドに心の底から感動。走行後のインタビューでも「スゴイネ!」と日本語が飛び出していた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そしてダニ・ペドロサもKEIHIN NSX CONCEPT-GTに乗ってコースイン。今年も2輪ライダーが4輪マシンにスイッチしてのデモランが実現した。さすがにバトンのハイペースにはついていけなかったが、昨年のマルケスを上回る本格的な走りをみせ、ファンを沸かせた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

この他にも、今回は新たな試みとして「ゼロサン対決」を開催。スーパーフォーミュラや全日本ロードレース、さらに新型NSXにシビックTYPE-Rと市販車まで登場しての異種格闘技的な300mダッシュ対決となり、大盛り上がり。また昨年大好評だったカート大会も開催され、こちらもガチンコ勝負の接戦が繰り広げられた。

こうして1日のイベントはあっという間に終了。今年は20,000人が来場し、大盛況のうちに幕を閉じた。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…

最近の記事

  1. F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  2. ©T.Yoshita 東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、凱旋帰国中の佐藤琢磨を…
  3. ©T.Yoshita 6月13日、東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、インディ5…
  4. 2017年のインディアナポリス500マイルで日本人として史上初優勝を飾った佐藤琢磨選手の、F…
  5. ©T.Yoshita 5月28日に行われた第101回インディ500で、見事日本人として初優…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る