【F1】メルセデスにボッタス加入、マッサが引退を取り消しウィリアムズに復帰!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


©T.Yoshita/KANSENZYUKU

昨年末から注目を集めていたメルセデスのレギュラードライバーシート争いが16日、決着を見ることになった。

事の発端は昨年の最終戦で初のワールドチャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグが突然引退を発表。本来メルセデスは来年もロズベルグとルイス・ハミルトンの布陣で臨む予定だったが、来季のドライバーズラインナップが半分以上決まった状況下で、後任ドライバーを探すことになった。

当初は、リザーブドライバーのパスカル・ウェーレインがレギュラー昇格するという話や、セバスチャン・ベッテル、フェルナンド・アロンソらが移籍するのではないかなど、様々な噂が飛び交った。

しかし年末に入って、バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)が移籍する方向で話が進み始め、空席となるウィリアムズには昨年限りで引退を表明していたフェリペ・マッサが1年限りで復帰する形で交渉が始まった。

そして年が明けた16日。まずウェーレインがザウバー加入を発表。続いてマッサも引退を取り消し再びウィリアムズからの参戦を発表。そして間髪おかずにボッタスがメルセデス加入を発表した。

ボッタスは2013年にF1デビューを果たし、これまで9度の表彰台を獲得。しかしポールポジションや優勝経験はなく、今回のメルセデス移籍は彼にとってはさらなる活躍も期待されるものとなりそうだ。

そしてマッサは再び参戦。昨年は母国ブラジルGPで完走できずに終わるなど、心残りのレースもいくつかあった。そのリベンジを果たすシーズンとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る