【WRC】2017開幕戦モンテカルロ:18年ぶりに復帰のトヨタが、いきなり2位表彰台を獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎TOYOTA
©︎TOYOTA

1月19日に開幕した2017年のWRC開幕戦ラリー・モンテカルロ。18年ぶりに復帰し注目を集めていたトヨタが、その初戦で見事2位表彰台を獲得した。

昨年まで圧倒的な強さを誇っていたフォルクスワーゲンが撤退し、勢力図が大きく書き換わることが予想された開幕戦。

ヤリスWRCを2台持ち込んだトヨタ。初日からユホ・ハンニネンが3番手につけ表彰台争いに加わるがSS5でコースオフし気に激突。これでマシンを大きく壊しデイリタイアを余儀なくされた。

©︎TOYOTA
©︎TOYOTA

一方のヤリ=マティ・ラトバラは、着実な走りに徹し、Day3のSS12を終了した時点でトップから3分4秒差の4番手につける。しかし、トップ争いは稀に見るサバイバルに突入していった。

ここまでトップを快走していたティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)がSS13でコースオフし右リアサスペンションを破損。一気に後退を余儀なくされラトバラは3番手に浮上。すると、最終日のSS14で暫定総合2番手のオット・タナク(M-SPORT/フォード)がエンジントラブルを抱えペースダウン。WRCでは指定されたサービスタイム以外で発生した故障はドライバーとコ・ドライバーでマシン修復を行わなければならない。

SS14終了直後にマシンを止めて修復作業に取り掛かったタナクだが、結局トラブルは完治せず、さらにSS15スタート予定時刻に5分遅れたとして50秒遅れのペナルティを受けてしまう。これでSS15終了時点でラトバラが逆転し2番手に浮上。

©︎TOYOTA
©︎TOYOTA

最終のSS17では雪が降り難しいコンディションとなったが、最後まで堅実な走りを徹底しフィニッシュ。復帰初戦のトヨタにも見事2位表彰台という好結果をもたらした。

なお優勝はセバスチャン・オジェ(M-SPORT/フォード)。Day2のSS3で滑りやすい路面に足元をすくわれ脱輪。さらにスタックしてしまい40秒ものタイムロスを強いられたが、その後はペースを取り戻し、終わってみれば2位以下に2分以上の差をつけた。

今回はライバルの脱落にも助けられての2位だったが、幸先の良いスタートを切ったトヨタ。次戦以降の活躍に、さらなる注目が集まっていきそうだ。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…

最近の記事

  1. F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  2. ©T.Yoshita 東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、凱旋帰国中の佐藤琢磨を…
  3. ©T.Yoshita 6月13日、東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、インディ5…
  4. 2017年のインディアナポリス500マイルで日本人として史上初優勝を飾った佐藤琢磨選手の、F…
  5. ©T.Yoshita 5月28日に行われた第101回インディ500で、見事日本人として初優…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る