【WRC】2017開幕戦モンテカルロ:18年ぶりに復帰のトヨタが、いきなり2位表彰台を獲得!

©︎TOYOTA
©︎TOYOTA

1月19日に開幕した2017年のWRC開幕戦ラリー・モンテカルロ。18年ぶりに復帰し注目を集めていたトヨタが、その初戦で見事2位表彰台を獲得した。

昨年まで圧倒的な強さを誇っていたフォルクスワーゲンが撤退し、勢力図が大きく書き換わることが予想された開幕戦。

ヤリスWRCを2台持ち込んだトヨタ。初日からユホ・ハンニネンが3番手につけ表彰台争いに加わるがSS5でコースオフし気に激突。これでマシンを大きく壊しデイリタイアを余儀なくされた。

©︎TOYOTA
©︎TOYOTA

一方のヤリ=マティ・ラトバラは、着実な走りに徹し、Day3のSS12を終了した時点でトップから3分4秒差の4番手につける。しかし、トップ争いは稀に見るサバイバルに突入していった。

ここまでトップを快走していたティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)がSS13でコースオフし右リアサスペンションを破損。一気に後退を余儀なくされラトバラは3番手に浮上。すると、最終日のSS14で暫定総合2番手のオット・タナク(M-SPORT/フォード)がエンジントラブルを抱えペースダウン。WRCでは指定されたサービスタイム以外で発生した故障はドライバーとコ・ドライバーでマシン修復を行わなければならない。

SS14終了直後にマシンを止めて修復作業に取り掛かったタナクだが、結局トラブルは完治せず、さらにSS15スタート予定時刻に5分遅れたとして50秒遅れのペナルティを受けてしまう。これでSS15終了時点でラトバラが逆転し2番手に浮上。

©︎TOYOTA
©︎TOYOTA

最終のSS17では雪が降り難しいコンディションとなったが、最後まで堅実な走りを徹底しフィニッシュ。復帰初戦のトヨタにも見事2位表彰台という好結果をもたらした。

なお優勝はセバスチャン・オジェ(M-SPORT/フォード)。Day2のSS3で滑りやすい路面に足元をすくわれ脱輪。さらにスタックしてしまい40秒ものタイムロスを強いられたが、その後はペースを取り戻し、終わってみれば2位以下に2分以上の差をつけた。

今回はライバルの脱落にも助けられての2位だったが、幸先の良いスタートを切ったトヨタ。次戦以降の活躍に、さらなる注目が集まっていきそうだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る