【WTCC】ホンダが2017シーズン体制を発表、道上龍のフル参戦が決定!

©T.Yoshita

今年もWTCC(世界ツーリングカー選手権)に参戦するホンダは23日、2017シーズンの参戦体制を発表。道上龍がフル参戦することが明らかになった。

今年もシビックTYPE Rをベースにしたマシンで参戦し、ドライバーズ、マニュファクチャラーズのタイトルを目指すホンダ。「Castrol Honda World Touring Car Team」と「Honda Racing Team J.A.S.」の2チーム3台体制となる。

昨年は2012年王者のロブ・ハフが加入。いきなり開幕戦フランスのオープニングレースで優勝を飾る活躍を見せた。しかし、在籍わずか1年で離脱が決定。そこにTeam J.A.S.からノルベルト・ミケリスが加入することになった。

©T.Yoshita

そして、Team J.A.S.には道上が加入。2013年までSUPER GTのドライバーとして活躍していたが、最近は自らチームを立ち上げスーパーフォーミュラ、SUPER GTに参戦。特にSGTではポールポジションや2位表彰台を獲得するなど、好結果を出していた。

昨年のWTCC日本ラウンドではスポット参戦を果たし、久しぶりにドライバーとしての勇姿を披露。今年は4年ぶりにレギュラードライバーとしてレースシーンに帰ってくる。

©T.Yoshita

道上龍コメント(ホンダ公式サイトより)
「私にとっては2013年以降、4年ぶりのドライバーとしての本格復帰であり、同時に世界選手権フル参戦という初めてのチャレンジとなります。世界選手権の舞台で日本人としてHondaブランドを背負って戦えることを誇りに思うと同時に、非常に身の引き締まる思いです。とても大きな挑戦になりますが、今までの経験を活かし、レース人生の集大成とするべく全ての力を出し切り、勝利を目指します。HondaとJ.A.S.モータースポーツのメンバーとともに力を合わせ、精一杯頑張りますので、ご声援をよろしくお願いいたします」

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る