【SF】トヨタの2017年体制が明らかに、ルーキー3人加入…可夢偉はKCMG移籍へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita

トヨタは2日、2017年のスーパーフォーミュラの体制発表を行い、各チームのラインナップが出揃った。

今年も、6チームに11台にエンジンを供給。注目のラインナップだが、移籍や新加入など、動きが大きい布陣となった。

2017スーパーフォーミュラ参戦体制
<セルモインギング>
1国本雄資、2石浦宏明
<KONDO>
3ニック・キャシディ、4山下健太
<ルマン>
7TBN、8大嶋和也
<KCMG>
18可夢偉
<インパル>
19関口、20マーデンボロー
<トムス>
36アンドレ・ロッテラー、37中嶋一貴

チャンピオンチームのセルモインギングは変更なく、国本がカーナンバー1をつける。KONDO RACINGはドライバー体制を一新し、昨年F3で活躍したニック・キャシディと山下健太というルーキー同士の組み合わせとなった。

チームルマンはドライバーを一新し、大嶋和也が2012年以来のフル参戦を果たす。なおチームメイトは未定。国内復帰3年目となる小林可夢偉はKCMGに移籍。昨年はわずか1ポイント獲得に終わる苦しいシーズンとなったが、新天地での活躍に期待が高まる。

シーズンオフでは動向が読めなかったチームインパルは関口雄飛がエースナンバーの19号車へ移り、20号車は全日本F3選手権やSUPER GT(GT300)クラスで活躍したヤン・マーデンボローが加入。こちらもSFデビューシーズンとなる。

トムスはドライバー変更なく、アンドレ・ロッテラーと中嶋一貴。昨年末はSF参戦の可能性がないかもと言っていたロッテラーだったが、結局今年も参戦することが決定した。

今年もGP2王者のピエール・ガスリーが参戦することもあり、さらにハイレベルの戦いになることが予想されているスーパーフォーミュラ。特にルーキー3人が加わったトヨタ陣営は目が離せない存在となりそうだ。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. SUPER FORMULA 開幕戦が行われた鈴鹿サーキットでは、昨日に続き決勝日となる今日も…
  2. 2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕戦。注目の公式予選が22日、鈴鹿サーキット…
  3. 2017年のスーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿が22日、鈴鹿サーキットで開幕。午前中のフリー走行…
  4. 2017年のNGKスパークプラグ鈴鹿2&4レースが22日に開幕した。 鈴鹿サー…
  5. 今週末にいよいよ開幕する2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権。22日からの公式セッシ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る