【WRC】2017第2戦スウェーデン:ラトバラが魅せた!トヨタが復帰2戦目で見事優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎TOYOTA
©︎TOYOTA

2017年のWRC第2戦スウェーデンが9〜12日の日程で行われ、トヨタが復帰2戦目で勝利を飾った。

前回の開幕戦モンテカルロで、いきなり2位フィニッシュと好スタートを切ったトヨタ勢。今回はさらにマシンも熟成させ、スノーコンディションの第2戦に挑むと、いきなりSS1でヤリ・マティ・ラトバラがトップタイムをマーク。幸先の良いスタートを切った。

Day2になると、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)との激しいトップ争いを展開。SS4でステージトップを獲得するも、後半はヌービルのペースとなり総合2番手に。さらにDay3ではM-SPORT(フォード)勢が序盤の遅れを取り戻す走りを見せ、SS14終了時点でオット・タナクがラトバラの4秒後方に迫った。

さらに2日目のSS5でユホ・ハンニネンがクラッシュを喫し優勝争いから脱落。ラトバラも思うようにペースが上がらず、悪い流れになり始めているかと思われたが、SS15で首位を快走していたヌービルがまさかのクラッシュしデイ・リタイア。トップに浮上し最終日を迎えた。

2番手のタナクとはわずか3.8秒差で、緊迫したトップ争いが予想されたが、いざ始まるとラトバラのペース。SS16で7秒、SS17では約9秒引き離し、合計タイムで20秒のアドバンテージを持って、最終SS18へ。ここでもタナクとのタイム差を意識するのではなく、攻めた走りを披露。結局このSSも制し、見事トヨタに復帰2戦目での優勝をもたらした。2位はタナク、3位にはセバスチャン・オジェが続いた。

トヨタがWRCで優勝を飾るのは、1999年の中国以来18年ぶり。また日本車がWRCを優勝するのは2005年のペター・ソルベルグ(スバル)以来12年ぶりの快挙。そしてラトバラ自身にとっては昨年のメキシコ以来、およそ1年ぶりの勝利となった。

今年は彼らが再びWRCに挑戦することについて、各マスコミでも大々的に取り上げられており、現在も優勝の一報がSNSなどを中心に早速話題になっている。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1.   2017モータースポーツファン感謝デーが開催される3月5日(土)、ゲストでもあるジャン・ア…
  2. [table id=64 /] ※このタイムスケジュールは2月21日時点のものです。今後、変更にな…
  3. 日産/ニスモは19日、2017年のモータースポーツ活動計画発表会を開催。各チームの監督、ドラ…
  4. ©︎Williams F1 ウィリアムズが17日、2017年型のF1マシン「FW40」の画…
  5. 日産/ニスモは17日、2017年のモータースポーツ活動計画を発表。注目のSUPER GT(G…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る