【SF】2017鈴鹿合同テスト(2日目午前):中嶋一貴がトップ、ホンダ勢も上位に

©T.Yoshita

2017年のスーパフォーミュラ第1回合同テスト。2日目を迎え、午前のセッションは中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップタイムを記録した。

この日も朝から晴天に恵まれ、午前9時00分からセッションがスタート。昨日はロッテラーが1分35秒657を記録したこともあり、今日はさらなるタイム更新が注目されている。また、この日も朝から熱心なファンがサーキットに詰めかけ、テストの様子をスタンドから観覧していた。

序盤は各車ともロングランメニューを中心に行っている様子だったが、開始10分を経過したところで大嶋和也(SUNOCO TEAM LeMans)がヘアピンでコースオフ。マシン回収のため赤旗中断になった。さらに30分を過ぎたとことで、今度はロッテラーがダンロップでコースオフ。イン側のガードレールにマシンをヒットさせてしまい、こちらも赤旗となった。2台ともマシンに大きなダメージはなく、すぐに修復してテストに戻っている。

©T.Yoshita

昨日はトヨタエンジン勢の先行が見られたが、ホンダエンジン勢もタイムを伸ばしてきた。まずは開始1時間のところで山本尚貴(TEAM無限)がトップに浮上。トラブルで昨日のセッション終盤は走れなかったが、今日は問題なく走行できている様子。そこに、チームを移籍した伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分37秒203でトップに浮上した。

©︎KANSENZYUKU

残り30分になろうかというところで、一貴が1分36秒608をマーク。ここから新品タイヤに履き替えてのタイムアタックかと思われたが、残り15分で雨が降り始めてしまい、全車ピットへ。結局一貴のタイムが、そのまま午前のトップタイムとなった。

2番手には国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)。本来なら昨日のみの参加予定だったが、急きょ今日も走ることになった。3番手には伊沢が続いている。

©︎KANSENZYUKU

現地はたまに雲が現れて、雨がパラつくような状況が続いているが、午後もドライコンディションが続きそう。さらなるタイム更新が期待される。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る