【SGT】BMW Team Studieが2017体制発表会を開催「目標はシリーズチャンピオン獲得」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita

今週末に迫った2017SUPER GT開幕を前に、GT300に参戦するBMW Team Studieが都内で今季体制発表会を行なった。

2014年にBMW Japanとタッグを組み参戦を開始。初年度には早くも今年で4シーズン目を迎えるTeam Studie。今年もM6 GT3で参戦し、ドライバーはヨルグ・ミューラーと荒聖治のコンビで変更はない。

昨年は、M6 GT3デビューイヤーということと、気温30度を超える日本の夏場のレースでトラブルが多発。特にシーズン中盤は満足に走れないレースが多かった。

もちろん、これらの情報はBMWモータースポーツに届けられ、さらに世界中のM6 GT3ユーザーから集められた報告をもとに、シーズンオフ中にアップデート。主に信頼性の部分が向上したバージョンに仕上がっているとのことだ。

集まった関係者やプレスの前で挨拶したStudieの鈴木康昭代表は「一つでも多くのポイントを獲得し、着実に着実に毎戦獲得し、最終戦のもてぎが終わった時点でどのチームよりもポイントが積み重なったチームが上にいること。つまり、チャンピオンシップを獲得すること。それが、このチームの目標です。これは3年前よりブレることなく、今年も最後まで諦めずに戦っていきます」とコメント。

まだ成し遂げられていないチーム初勝利にこだわるのではなく、全8戦をトータルで見据えたコンスタントなレース運びを徹底。近年では熾烈を極めているGT300クラスでのシリーズチャンピオン獲得を最大の目標と掲げることを宣言していた。

©T.Yoshita

また、この日は待望の2017年カラーもお披露目され、BMW3.0 CSLのアートカーをオマージュしたアーティスティックなデザインが印象的。もちろんBMW Mの伝統である3本ストライプもしっかり描かれている。

©T.Yoshita

また参戦ドライバーの2人も発表会に登場。ミューラーは「今年もBMW Team Studieの一員として参戦できることを大変嬉しく思う。スーパーGTはとても競争が激しく、結果を出すのは容易なことではないが、僕はレースに勝つため、チャンピオンシップに勝つために、ここに来ている。その目的に向かって全力を尽くすよ」と、コメント。

荒も「このコンビで戦うの4年目ですが、1回も勝っていません。ただ気持ちは、初年度に体制発表した時と同じです。まずは早い段階で優勝をプレゼントしたい。そして、このチームが強いことを証明したいです」と今シーズンに向けての意気込みを語った。

©T.Yoshita

注目の開幕戦岡山は4月8・9日に岡山国際サーキットで開催。チャンピオン獲得に向け、どんなシーズンスタートを切るのか。大注目だ。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. SUPER FORMULA 開幕戦が行われた鈴鹿サーキットでは、昨日に続き決勝日となる今日も…
  2. 2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕戦。注目の公式予選が22日、鈴鹿サーキット…
  3. 2017年のスーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿が22日、鈴鹿サーキットで開幕。午前中のフリー走行…
  4. 2017年のNGKスパークプラグ鈴鹿2&4レースが22日に開幕した。 鈴鹿サー…
  5. 今週末にいよいよ開幕する2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権。22日からの公式セッシ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る