【SF】2017第1戦鈴鹿:金曜専有走行はトムス勢が好調、中嶋一貴がトップ

©T.Yoshita

今週末にいよいよ開幕する2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権。22日からの公式セッションを前に専有走行が21日行われ、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップタイムを記録した。

朝は雨がパラついていた鈴鹿サーキット周辺だが、お昼の走行時間になるとドライコンディションに。グリーンシグナルが点灯すると、各車一斉にコースイン。マシンのチェックやセッティングの確認を行っていた。

特に、WECの関係で富士テストを欠席していたアンドレ・ロッテラー、中嶋一貴、小林可夢偉などは積極的に周回を重ねていた。

途中、ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)が、デグナーでコースオフし赤旗中断。残り7分のところで再開されると、新品タイヤを試し、予選シミュレーションを敢行。そこで一貴がコースレコードに0.3秒と迫る1分37秒292をマーク。僚友のアンドレ・ロッテラーも3番手に入り、トムス勢がシーズン前のテスト同様に好調さをアピールしていた。

その間に割って入ったのがルーキーのヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)。開幕前のテストでは苦労した部分もあったが、着実に経験を積み重ね2番手タイムを記録。明日以降の予選でも上位進出の可能性が十分にありそうだ。

開幕前のテストでは上位に食い込む走りを見せ、注目を集めていたピエール・ガスリー(TEAM無限)。直前の19日にはバーレーンでのF1テストに参加し、終了後に日本へ直行。木曜に到着したという。ここ1週間は各地を転々とする日々が続いており、時差ボケも抜けてない状態だったとのことだが、真っ先にコースインするなど積極的に走行。このセッションは13番手タイムとなった。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る