【SGT】2017第2戦富士:ZENT CERUMO LC500今季初PP!日産GT-Rも驚異の逆襲!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎H.Yoshii
©︎H.Yoshii

2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士スピードウェイで行われ、GT500クラスはNo.38 ZENT CERUMO LC500、GT300はNo.4グッドスマイル初音ミクAMGが今季初のポールポジションを獲得した。

午前中は晴天に恵まれた富士スピードウェイだが、予選開始直前になり雲が多くなり、少し肌寒さも感じるほどに。気温18度、路面温度30度の中で始まった。

今回も走り出しからレクサス勢が好調で、トップタイム争いも基本的に同陣営のみ。その中でも速さをみせたのが、開幕戦では5位に終わってしまったが、比較的ウェイトが軽いNo.36au TOM’S LC500。今回は中嶋一貴がWECに参戦するため、伊藤大輔が代役参戦している。

Q1ではジェームス・ロシターが1分28秒056を記録しトップ通過。その他もレクサス勢も順当に勝ち上がり、全6台がQ2へ進出した。一方、ライバル陣営ではホンダがNo.8ARTA NSX-GTが5番手、No.23MOTUL AUTECH GT-Rが8番手で次のラウンドへ進出。

しかし、全体的に接近した結果となり、トップ8が0.6秒以内。9番手となったNo.100RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)は、0.023秒差で脱落という悔しい結果となった。

©︎H.Yoshii
©︎H.Yoshii

この混戦はQ2でも続くことに。各車がワンアタックに備えてタイミングを見計らいコースイン。目まぐるしくトップが入れ替わる展開となった。

ここでリードしたのが38号車の立川。アタックラップ1周目に1分28秒101を記録し暫定トップ。36号車の伊藤も2番手につけた。そこに割って入ったのが、なんと日産勢で唯一Q2に残った23号車。ロニー・クインタレッリが渾身の走りで1分28秒168をマークしたのだ。

©︎H.Yoshii
©︎H.Yoshii

もしかすると大逆転ポールポジションもありえるかもしれないという残り1分。連続でアタックした立川が、1分27秒825を叩き出し他を圧倒。今季初のポールポジションを決めるとともに、立川にとっては通算最多PP回数を更新する22回目のポールとなった。

2番手には23号車が続き、3番手にはNo.6WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ)が続いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 毎年恒例となった、観戦席相関表(所要時間・距離・消費カロリー参考値)の2017年バージョン完成! …
  2. [table id=76 /]…
  3. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  4. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  5. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る