【SGT】2017第2戦富士:ZENT CERUMO LC500今季初PP!日産GT-Rも驚異の逆襲!

©︎H.Yoshii
©︎H.Yoshii

2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士スピードウェイで行われ、GT500クラスはNo.38 ZENT CERUMO LC500、GT300はNo.4グッドスマイル初音ミクAMGが今季初のポールポジションを獲得した。

午前中は晴天に恵まれた富士スピードウェイだが、予選開始直前になり雲が多くなり、少し肌寒さも感じるほどに。気温18度、路面温度30度の中で始まった。

今回も走り出しからレクサス勢が好調で、トップタイム争いも基本的に同陣営のみ。その中でも速さをみせたのが、開幕戦では5位に終わってしまったが、比較的ウェイトが軽いNo.36au TOM’S LC500。今回は中嶋一貴がWECに参戦するため、伊藤大輔が代役参戦している。

Q1ではジェームス・ロシターが1分28秒056を記録しトップ通過。その他もレクサス勢も順当に勝ち上がり、全6台がQ2へ進出した。一方、ライバル陣営ではホンダがNo.8ARTA NSX-GTが5番手、No.23MOTUL AUTECH GT-Rが8番手で次のラウンドへ進出。

しかし、全体的に接近した結果となり、トップ8が0.6秒以内。9番手となったNo.100RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)は、0.023秒差で脱落という悔しい結果となった。

©︎H.Yoshii
©︎H.Yoshii

この混戦はQ2でも続くことに。各車がワンアタックに備えてタイミングを見計らいコースイン。目まぐるしくトップが入れ替わる展開となった。

ここでリードしたのが38号車の立川。アタックラップ1周目に1分28秒101を記録し暫定トップ。36号車の伊藤も2番手につけた。そこに割って入ったのが、なんと日産勢で唯一Q2に残った23号車。ロニー・クインタレッリが渾身の走りで1分28秒168をマークしたのだ。

©︎H.Yoshii
©︎H.Yoshii

もしかすると大逆転ポールポジションもありえるかもしれないという残り1分。連続でアタックした立川が、1分27秒825を叩き出し他を圧倒。今季初のポールポジションを決めるとともに、立川にとっては通算最多PP回数を更新する22回目のポールとなった。

2番手には23号車が続き、3番手にはNo.6WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ)が続いた。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る