【SGT】2017第2戦富士:GT300クラスは新型RC Fが初優勝!中山/坪井組が終盤に大逆転!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎H.Yoshii

2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」。GT300クラスはNo.51JMS LMcorsa RC F GT3(中山雄一/坪井翔)が逆転で優勝を飾った。

ポールポジションは開幕戦ウィナーのNo.4グッドスマイル初音ミクAMG。序盤から力強い走りを披露し後続をリードしていく。これに続いたのがNo.11GAINER TANAX AMG(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)。開幕戦同様に、ここでもメルセデス勢がトップ争いを繰り広げる展開となったが、流れとしては終始4号車が有利。2014年以来となる開幕2連勝を目指し周回を重ねていく。

©︎H.Yoshii

しかし、半分を経過したクラス61周目に左フロントタイヤがパンク。緊急ピットインを余儀なくされ、優勝争いから脱落してしまう。

そこから、11号車がトップに浮上。実は彼らもしばらく勝利から遠ざかっており、何としてもこのチャンスをものにしたいところ。しかし、異なる戦略で別の場所を走っていた51号車が、着実に追い上げを開始しており、両者の2回目のピットストップが終わった時点での位置関係に注目が集まった。

そして80周目にピットイン。今年からSUPER GTに本格参戦している坪井から今季チームを移籍した中山にバトンタッチ。なんと11号車の前でコース復帰に成功した。

©︎H.Yoshii

最後は11号車も追い上げ、2秒を切る接近戦となったが、中山が最後まで踏ん張り、見事トップチェッカー。今季からリニューアルされたRC F GT3参戦2戦目で早くも勝利を挙げた。2位には11号車ゲイナーAMG、3位には予選でのタイム抹消や序盤のスピンなどから挽回してきたNo.33D’station Porsche(藤井誠暢/スヴェン・ミューラー)が入った。ちょうど藤井はこれがGT参戦100レース目ということで、記念すべき1戦にもなった。

©︎H.Yoshii

すでにaprプリウスで何度も勝利を経験している中山だが、今回はチームを移籍し、後輩である坪井と組んでの勝利ということもあり、感慨深い表情。また坪井は、直前に参戦したスーパー耐久(ST-4クラス)と合わせてゴールデンウィーク戦2連勝を飾った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 毎年恒例となった、観戦席相関表(所要時間・距離・消費カロリー参考値)の2017年バージョン完成! …
  2. [table id=76 /]…
  3. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  4. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  5. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る