【2017鈴鹿8耐】40回記念大会がいよいよ開幕!GPスクエアには往年のマシンが集結!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita

今年も、バイクレースの真夏の祭典「2017“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会」が27日、鈴鹿サーキットで開幕した。

昨年までは“コカ・コーラ ゼロ”がタイトル冠スポンサーを務めていたが、40回目を迎える今回は久しぶりに“コカ・コーラ”ブランドが冠スポンサーに帰ってきた。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

GPスクエアを始め、場内各所には今年も2017年仕様の旗やバナーが設置。さらに40回記念となるロゴマークもバナーに加えられ、鈴鹿サーキットは8耐一色になっている。

また、GPスクエアでは過去に鈴鹿8耐で活躍したマシンがズラリと登場。レーシングシアター内の展示を含めると54台のマシンが展示されている。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

©T.Yoshita ©T.Yoshita

中にはTECH21カラーのヤマハYZF750やヨシムラ・スズキのGSX1300R隼、ホンダのRVF750など、かつて鈴鹿に足繁く通ったファンも、つい「懐かしい!」と声を出してしまうようなマシンたちが集結した。

コース上では、早速特別スポーツ走行が行われ、各チーム・ライダーともに本番に向けての最終確認のため周回を重ねた。

トップタイムは鈴鹿8耐2連覇中で今年は史上初の同一チーム3連覇を狙うNo.21YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ローズ/マイケル・ファン・デル・マーク)が2分07秒540で総合トップタイムを記録するが、今年は新型マシンを導入し王座奪還を目指すNo.634MuSASHi RT HARC PRO.Honda(高橋巧/中上貴晶/ジャック・ミラー)が2回目のセッションで0.2秒差に迫る2分07秒756をマークし総合2番手につけた。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

さらに第1回の鈴鹿8耐優勝チームであるNo.12ヨシムラ スズキMOTULレーシング津田拓也/シルバン・ギュントーリ/ジョシュ・ブルックス)が2分08秒321で総合3番手につけた。

明日は公式予選やナイトセッションのフリー走行も行われる他、ピットウォークなどイベント関係もスタートしていく。

©T.Yoshita

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る