【2017鈴鹿8耐】金曜日からピットウォーク大盛況、ジャック・ミラーも笑顔でファン対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita

今年で40回目を迎える鈴鹿8耐。大会2日目の28日(金)は平日にも関わらず、11,000人のファンが来場。ピットウォークなどは、早くも盛況だった。

朝は小雨がぱらつく天気となった鈴鹿サーキットだが、午後になって太陽が顔を出し、ピットウォークが始まる頃には、鈴鹿8耐らしい天気となった。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

©T.Yoshita ©T.Yoshita

今日から本格的にGPスクエアのブースやイベントなどが徐々に始まっており、ピットウォークはお目当てのライダーに会おうと、各チームのピットでは長蛇の列ができていた。

今回注目を集めているジャック・ミラーや中上貴晶はピットウォークの大半にわたってピット前に姿を現し、一人一人に対して丁寧にサインや写真撮影などのファンサービスを行っていた他、9年ぶりに鈴鹿8耐に参戦するモリワキのピット前には長蛇の列ができていた。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

©T.Yoshita ©T.Yoshita

また、鈴鹿8耐という意味では、新型NSXのセーフティカーは初登場。ピットウォークでも展示され、多くのファンが立ち止まって写真を撮ったりしていた。

©︎KANSENZYUKU ©︎KANSENZYUKU

予選終了後には、日曜日の決勝本番を見据えたナイトランのフリー走行も開催。観覧車がライトアップされたり、夕暮れから完全ライト点灯のナイトセッションに移るシーンなど、一足早く幻想的な光景が広がっていた。

公式発表によると、今日は平日にも関わらず11,000人が来場。今年はすでにグランドスタンドのV2席が完売となっており、明日以降はさらに多くのファンで賑わいそうだ。

©T.Yoshita

明日からは、GPスクエアでライダーが登場してのトークショーをはじめとした様々なイベントを開催予定。

さらに盛り上がる週末が、いよいよ始まっていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る