【2017鈴鹿8耐】トップ10トライアル前に天候回復!会場のボルテージは最高潮に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎T.Yoshita

3日目を迎えた2017“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会は、早朝こそ雨に見舞われたものの、再び「8耐日和」となり、GPスクエアやピットウォークなど、各イベントは週末一番の盛り上がりとなっている。

©︎T.Yoshita ©︎T.Yoshita

©︎T.Yoshita ©︎T.Yoshita

朝の鈴鹿4耐決勝直前に雨が降り、レースディレイ。結局3時間30分でのレースとなった。その間、GPスクエアでは8耐ライダーたちが登場し各ブースでトークショーを開催。ファンに向けて午後のトップ10トライアルや明日の決勝に向け意気込みを語っていた。

©︎T.Yoshita ©︎T.Yoshita

©︎T.Yoshita ©︎T.Yoshita

今回は40回大会ということで、ゲストのレジェンドライダーも多く、ウェス・クーリーやグレーム・クロスビー、ケビン・シュワンツらが登場しトークショーやピットウォークサイン会などを開催。彼らを一目見ようと多くのファンが集まっていた。

©︎T.Yoshita ©︎T.Yoshita

お昼のピットウォークでは、ライダーに加えて各チームのレースクイーンも登場。今年もエヴァRT初号機Webikeトリックスターのエヴァレースクイーンの周りは、多くのファンが集まっていた他、他のピットも昨日とは打って変わっての盛り上がりと混雑具合で、今年も「8耐の盛り上がり」が帰ってきた。

©︎T.Yoshita ©︎T.Yoshita

そして、今年は「8フェス」が初開催され、1コーナーへ行く途中のところに特設ステージが設けられ、出演アーティストが迫力のライブパフォーマンスを披露。なお夜もライブが続いていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション株式会社は18日、2018…
  2. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  3. [table id=80 /]…
  4. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  5. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る