【TMS2017】第45回東京モーターショー閉幕。期間中の来場者数は771,200人

©T.Yoshita

10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、11月5日に閉幕。期間中の総来場者数は771,200人となった。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

今年は世界的に本格導入への開発が進んでいるEV、自動運転技術を中心に各メーカーがコンセプトモデルを用意する、今までにないテイストの東京モーターショーとなったが、10月28日に一般公開が始まると、人気を集めたのは、やはりスポーツカーやレーシングカー。特に市販モデルの日産GT-R、レクサスLC500、ホンダNSXなどSUPER GTのベース車両となっているクルマの周りには、多くの来場者が集まり人気を集めていた。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

また、期間中にはインディ500を制した佐藤琢磨が来場。ホンダブースでは彼の優勝マシン(実物)をはじめ、歓喜の瞬間に登場した、あのミルク瓶も本物が展示され、トークショーでも紹介。ミルクに関する裏話も飛び出るなど、ファン必見の時間となった。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

一般公開日のスタートとなった10月28・29日は台風22号接近の影響で雨に見舞われ、客足も鈍ってしまったが、平日を中心に来場者数を回復。特に終盤の3連休は今回一番の賑わいとなり、11月3日には期間中では一番となる112,000人の来場を記録した。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

最終日となった11月5日も好天に恵まれ、どのブースも盛況。17時を過ぎると、恒例のグランドフィナーレが各ブースで行われ、コンパニオンやモデルたちが全員登場。集まったモーターショーファンや来場者数たちに最後の挨拶をしていた。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

こうして、今年も東京モーターショーが終了。台風の影響もあってか、前回の2015年より4万人少ない771,200人という総来場者数となった。

©T.Yoshita

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る