東京オートサロン2018:今年は31万9000人が来場。初日にはジェンソン・バトンも登場

©︎SHIGE.Y
©︎SHIGE.Y

今年も千葉県の幕張メッセで「東京オートサロン2018」が開催され、3日間合計で31万9040人が来場。4年連続で30万人以上の総来場者を記録した。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

©T.Yoshita ©T.Yoshita

©T.Yoshita ©T.Yoshita

今年も日本のみならず海外から様々なカスタムカーが集結。36回目の今回は442社が集まり、4348ブース、880台の車両が出展した。最近では各自動車メーカーが大きなブースを出展する傾向にあり、スーパーGTをはじめモータースポーツ参戦車両も多数展示され、注目度はさらに増している。

©︎SHIGE.Y
©︎SHIGE.Y

さらに今年は2018年シーズンの体制発表を行うメーカーやチームが多く、ホンダは今年もスーパーGT参戦体制をいち早く発表。注目のジェンソン・バトンはチームクニミツに加入が決定。山本尚貴と組んでGT500クラスにフル参戦する。

さらにGT300クラスもいくつかのチームが体制を発表。ARTAの55号車は引き続きBMW M6 GT3を使用。高木真一とショーン・ウォーキンショーのコンビでタイトルを狙う。参戦2年目を迎える埼玉トヨペットGreenBraveも体制は変わらず番場琢と脇阪薫一で参戦。また岡山トヨペットを主体に新しくK-tunes RacingがGT300クラス参戦を表明。レクサスRC F GT3を使用し、ドライバーには新田守男と中山雄一のコンビに決定。新チームという形にはなるが、こちらもチャンピオン候補として名乗りを上げてきそうだ。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

©T.Yoshita ©T.Yoshita

©T.Yoshita ©T.Yoshita

13・14日の一般公開では、各ブースでトークショーをはじめイベントも多数開催。屋外特設エリアではD1のでもランイベントの他、ケン・ブロックが初来場し迫力ある走行を披露。こちらも大盛り上がりとなった。

また昨年インディ500で日本人初優勝を果たした佐藤琢磨が来場。ブリヂストン、NGK、ホンダの各ブースでトークショーを行い、どれもブースをはみ出るほどのファンが集まり大盛況となった。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る