【2018スーパー耐久】いよいよ開幕!桜咲く鈴鹿にS耐マシンが集結!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピレリ スーパー耐久シリーズの開幕戦が3月31日に鈴鹿サーキットで開幕した。

この時期の鈴鹿でビックレースが行われるのは久しぶりのことで、コースサイドでは桜が咲き、いつもとは違う雰囲気の中でS耐マシンがサーキットを駆け抜けた。

©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU

今年はタイヤサプライヤーがピレリに変更される他、新型シビックTCRやアウディR8LMS、レクサスRC F GT3など、昨年まで参戦してなかったマシンも登場するなど、見所の多いシーズンとなっている。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

また今週末は春休み期間中ということもあり、予選日から1万3500人のファンが来場。ピットウォークも大盛況だった。特に今週末から国内ビックレースのスターということで、2018年バージョンのコスチュームに身を包んだレースクイーンも登場。早くも注目を集めていた。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

公式予選は、今年もAドライバーとBドライバーの合算タイムで順位が決められ、最高峰のST-XNo.24スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが2016年以来となるポールポジションを獲得。タイトル奪還に向け、幸先の良いスタートを切った。

©KANSENZYUKU

ST-TCRクラスはST-TCRクラスはNo.19 BRP★Audi Mie RS3 LMS、ST-1クラスはNo.31 Nissoku Porsche 991 GT3 Cup、ST-2クラスはNo.59 DAMD MOTUL ED WRX STI、ST-3クラスはNo.38 muta Racing ADVICS IS350 TWS、ST-4クラスはNo.86 TOM’S SPIRIT 86、ST-5クラスはNo.4 THE BRIDE FITがそれぞれポールポジションを獲得した。

©T.Yoshita

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る