【スーパー耐久】決勝日は1万5000人が来場!開幕戦は例年以上の盛り上がりに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ、昨年の同レースより多い1万5000人が来場。大盛況の1日となった。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

この日も桜満開で、朝から好天に恵まれた鈴鹿サーキット。特にこの日は春休み期間中の日曜日ということもあってか、多くの家族連れで賑わっていた。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

ピットウォークも前日以上の盛況ぶり。今年からアウディのマシンで戦うフェニックス・レーシングチームは決勝レースを想定したタイヤ交換を実施するなど、普段は間近で見られない光景が広がっており、参加しファンも興味津々だった。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

主催者の発表では、2日間合わせての合計来場者数は2万8500人。これは昨年の鈴鹿ラウンド(2万2000人)を上回った。ここ数年、スーパー耐久を含め国内モータースポーツの来場者が増えており、様々なカテゴリーに興味関心を持つファンが増えているようだ。

©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU

なお、決勝レースは例年より長い5時間耐久で争われ、各クラスともに熱戦が繰り広げられた。その中で最高峰のST-Xクラスは3番手からスタートしたNo.99 Y’s distraction GTNET GT-R(浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗)が優勝。鈴鹿ラウンドでは昨年に続き2連勝となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る