【ビギナー観戦塾】2013年F1日本グランプリを観戦予定の皆様へ

Photo:KANSENZYUKU

いつもビギナー観戦塾をご覧いただきありがとうございます。

今年も10月11・12・13日に鈴鹿サーキットで2013F1日本グランプリが開催されます。

昨年は小林可夢偉が3位表彰台を獲得。10万人のファンによる「可夢偉コール」が沸き起こるなど、本当に盛り上がって感動が多かったレースイベントになりました。

Photo:KANSENZYUKU Photo:KANSENZYUKU

残念ながら、今シーズンは可夢偉の参戦予定はありませんが、今年のF1日本グランプリもきっとファンの皆さんの思い出に残るレースイベントになってくれることを期待しています。

実は、まだ現時点(1月15日現在)で鈴鹿サーキットからF1の開催概要やチケット概要など何も発表されていないため、まだまだ「今年も日本グランプリに向けて準備しなくちゃ!」という雰囲気になっていない方も多いかもしれません。今まで何度も観戦に行かれている方は、10月の開催日までに準備する段取りなどは経験済みですから、特に急いでいらっしゃらない方も多いでしょう。ただ今までサーキット観戦の経験が無い方や、今年初めてF1日本グランプリに行こうと思っていらっしゃる方々にとっては、「何が必要なのか?」「チケットはどこで入手すれば良いのか?」「泊まる場所や駐車場の手配は?」「アクセス方法は?」など、分からないことだらけ。不安でいっぱいだと思います。

でも、それを恥ずかしく思う必要は全くありません。だって経験したことがないのですから、分からなくて当たり前です。

今年もビギナー観戦塾では初めてF1日本グランプリを観戦される方に対して「チケットの入手方法」から「現地での過ごし方」まで、出来る限り細かい情報を解りやすくご紹介していきます。

Photo:KANSENZYUKU Photo:KANSENZYUKU

確かにF1観戦はチケットも他のスポーツから比べるとチケットも高額ですし、金曜フリー走行から日曜日の決勝。さらに鈴鹿サーキットの場合は毎年木曜日とレース翌日の月曜日にファンイベントを開催するため、その全てに参加すると5泊6日の旅と費用もある程度はかかってしまいます。

でも、今から計画を少しずつ立てて準備していけば、そこまで苦労せずに10月のレース観戦を楽しむことができると思います!そこで、今回は“チケットを買う前に決めておける事!”を2つご紹介したいと思います。

Photo:KANSENZYUKU Photo:KANSENZYUKU

【皆さんの日程・予算に合わせて“観戦日程”をイメージしてみよう!】
先程もお話しましたが、F1日本グランプリはマシンが走行する3日間だけではなく、木曜・月曜にもイベントがある他、熱心なファンは関係者が鈴鹿入りする水曜日からサーキットに来ています。でも、別に“全日程参加しなければいけない”というものではありませんし、皆さんも仕事や学校で来られない日もあると思います。

そこで、今出来ることとして「現時点での観戦予定」を少しずつ考えていきましょう。

・木曜日〜月曜日まで5日間フルで参加!
・走行セッションの3日間のみ!
・予選と決勝の1泊2日!
・予算がないから宿泊は厳しいので、日曜日の決勝のみ!

そのパターンは様々だと思います。ただ重要なのは「今から考え始め、それを実現させるための行動を開始すること」だと思います。

Photo:KANSENZYUKU 

もし、5日間フルセットで鈴鹿に滞在するとなれば、仕事や学校を休まなければなりません。1ヶ月前に会社側に希望を伝えても、これだけの日数ですから簡単に休めないと思います。でも、今のうちから10月にまとまったお休みがとれるように動き始めておけば、もしかすると希望通りの観戦が可能になるかもしれません。

また、観戦日程に応じて「宿泊関係はどうするのか?」という課題も同時に見えてきます。まだ半年以上先の話なので、今調べても予約を開始しているところは少ないかもしれませんが、「いつから予約開始になるのか?」「どの辺に確保すれば、鈴鹿サーキットまでのアクセスに無理がなくなるか?」といった部分を把握しておくだけでも準備が本格化する春・夏以降で大きな差がでてきます。まだシーズンも始まっていない“比較的ゆったりとしている今のうちに”下調べをしておきましょう!

【チケットはどうやって入手できるの?】
2013年のF1日本グランプリ観戦チケットに関しては、まだ鈴鹿サーキットから発表がないので、正式な情報はもう少々お待ちください。参考までに昨年のチケット情報はこちらです。

F1チケットの仕組み&入手方法
昨年のF1日本GP観戦エリア割&料金表

Photo:KANSENZYUKU Photo:KANSENZYUKU

鈴鹿サーキットのみならず他のコースでもそうですが、各観戦エリアともにコース全域が見えるわけではありません。そのため、レース中の“どんなシーン”を重視して観たいかによって選択する観戦席は絞られていきます。もちろん、これらも鈴鹿サーキットから今年版のチケット情報が発表されないと何も決まりませんが、「チケット料金はこれくらいかかるんだ」「こんな観戦エリアがあるんだ」という目安になればと思いますし、そこから少しだけでもイメージを持っておいていただけるだけでも、いざチケット購入の時に迷わずに済むと思います。また、友人などグループで観戦を予定されている方は、昨年版を一つのベースとして話し合いを始めておくのもアリかもしれませんね。

<<イベント告知!>>
観戦塾関東オフ会で“2013F1日本GP作戦会議(仮)”を開催します!

関東オフ会案内
2月9日(土)に東京・新宿で観戦塾関東オフ会を開催します。基本的に皆さんとF1談義で盛り上がろうという会ですが、同時に2013年のF1日本グランプリ観戦計画(どの席にする?見どころは?準備するものは?)を皆さんと一緒に情報交換できる場を設けようと思っております。
まだ観戦に行ったことがない方は、経験者の皆さんからのエピソードも聞けるチャンスですし、どの座席にしようか迷っているという皆さんは管理人のヤタさんとともにアドバイス等させていただこうと思っております。

[申込受付は終了しました。]

Photo:KANSENZYUKU Photo:KANSENZYUKU

いかがだったでしょうか?
まだ2013年のF1日本グランプリに向けて、実感が湧いていない方も多いかもしれません。「まだ大丈夫。10ヶ月あるし」と余裕に構えているうちに、あっという間に開幕直前になってしまうものです。

鈴鹿のF1観戦は当日サーキット内でしか味わえない雰囲気も楽しい一時ですが、それまでの「今年の観戦席はどうしようか」「誰を応援しようか」「なんとか仕事休んで土曜の予選も観に行きたいなぁ」「ドライバーに会えないかな?」と期待を膨らませながら準備している期間も楽しみの一つだったりします。

Photo:KANSENZYUKU Photo:KANSENZYUKU

昨年観戦された方も、今年初めて鈴鹿に行こうと決意された方も、10月の観戦当日が素晴らしいものになるように。今年も皆さんのお手伝いができればと思っております。

改めて、2013年もビギナー観戦塾をよろしくお願い致します!

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る