【WEC】トヨタが2013年WEC参戦体制を発表。今年も2台体制でル・マンに挑戦

TOYOTA
[Photo:TOYOTA]

昨年から世界耐久選手権(WEC)にワークス参戦を果たしているトヨタが19日、フランス・ポール・リカール・サーキットで2013年のWEC参戦体制を発表。同時に2013年仕様の改良版TS030HYBRIDが公開された。

昨年は、6レースに参戦し3勝を挙げる大活躍をみせたトヨタ。しかし、6月のル・マン24時間耐久レースでは一時優勝争いに絡む快走をみせるものの、アクシデントにより2台ともリタイアという悔しい結果に終わった。

今季はWECでのシリーズチャンピオンに加え、長年叶えられなかったル・マン24時間での総合優勝を目指し、TS030を改良。レギュレーション変更になった最低車両重量15kgアップに対応。モノコックを全面改良し空力パッケージも見直すなど、細部に渡り変更が加えられた。

ドライバーズラインナップは昨年と変わらず、エースカーである7号車にはアレキサンダー・ブルツ、ニコラ・ラピエール、中嶋一貴の3人組。8号車にはル・マンでの怪我から復帰したアンソニー・デビッドソンにステファン・サラザン、セバスチャン・ブエミという布陣で挑む。

今年もル・マンには2台体制で参戦する他、今年は8号車もWECシリーズ戦にも参戦予定。10月には富士スピードウェイで日本ラウンドも開催され、ここでは2年連続母国GP制覇に期待が集まっている。

TOYOTA
[Photo:TOYOTA]

早速、改良版TS030は20日からポール・リカールで本格的なテスト走行を開始、4月14日に決勝が行われる開幕戦(イギリス・シルバーストン)に向けて準備を進めていく。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る