【SGT】2013第4戦SUGO:さらに進化したSUBARU BRZが今季3度目のPP!

©KANSENZYUKU

SUPER GT第4戦SUGOの公式予選。GT300クラスはSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太)が1分20秒341とコースレコードを塗り替えて今季3度目のポールポジションを獲得した。

きりの心配が残る中、まず最初に始まったGT300クラスのQ1。ここで速さをみせたのがMUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)、ARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志)のホンダCR-Z GT勢。このレース前に各車のBOP(性能調整)の数値が改定され、CR-Z GT勢は序盤の活躍を考慮にパワー制限を受けた。しかし、16号車の中山が1分20秒940を叩き出すと、55号車の小林が1分20秒702をマークし、FIA-GT3勢を破ってワン・ツーでQ2へ進出。逆に昨年は速さをみせていたポルシェ勢が揃ってQ1脱落という波乱もあった。

続くQ2もCR-Z GT同士のトップ争いかと思われたが、そこに割って入ったのが予選では今季絶好調のSUBARU BRZ。佐々木孝太がコースレコードを塗り替える1分20秒341をマークしトップに浮上する。その後CR-Z勢もトップ奪還を目指すが16号車の武藤が1分20秒524、55号車の高木も1分20秒350と届かずチェッカーフラッグ。4戦を終えて3度目のポールポジションを獲得した。2位にARTA CR-Z GT、3位に無限CR-Z GT、さらに4位にはPanasonic apr PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀)も続き、性能調整の影響を受けながらもJAF-GT勢がトップ4を独占する結果となった。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る