【SF】2016第7戦鈴鹿:金曜専有走行は雨模様に…中嶋一貴がトップタイム

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2016年のスーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿。チャンピオン決定の舞台となる鈴鹿サーキットで、金曜日恒例の専有走行が行われた。

今回は12人ものドライバーがタイトル獲得の可能性を残しており、誰がポールポジション、優勝を飾るかでその行方が大きく左右される。

それを占う意味でも今回の専有走行に注目が集まったが、現地はあいにくの雨。終始ウエットコンディションとなったが、逆にヨコハマタイヤでのウエット走行という数少ないチャンスで、来年に向けてのデータ取りも含めて各チームとも精力的に周回を重ねた。

今回のコンディションではVANTELIN TEAM TOM’S勢が好調で、中でも中嶋一貴が1分51秒356を記録しトップ。2年連続チャンピオンを狙う石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)が2番手、そして今回がSFラストランとなるストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が3番手という結果に終わった。

雨の中でも僅差であることは変わらず、トップ9台が0.8秒以内の接戦。しかし、明日は天候が回復する予報となっており、今日の結果はあくまで参考程度になりそう。明日の朝のフリー走行で大体の流れが見えてきそうだ。

明日の公式予選はQ1でRace1のグリッドが決まりQ3までの総合順位でRace2のグリッドが決定される。

2016スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿 専有走行結果
1位中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOMS’)1分51秒356
2位石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)1分51秒541
3位ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
4位ベルトラン・バケット(NAKAJIMA RACING)
5位ナレイン・カーティケヤン(SUNOCO TeamLeMans)
6位関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
7位小林可夢偉(SUNOCO TeamLeMans)
8位アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)
9位ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
10位野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
11位小暮卓史(DRAGO CORSE)
12位中山雄一(KCMG)
13位国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)
14位ジェームス・ロシター(KONDO RACING)
15位塚越広大(REAL RACING)
16位山本尚貴(TEAM無限)
17位伊沢拓也(REAL RACING)
18位ウィリアム・ブラー(KONDO RACING)
19位中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る