【2017鈴鹿8耐】今年もヤマハファクトリーが他を圧倒!同一チーム初の3連覇達成!

©︎KANSENZYUKU

11時30分にスタートした2017“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会は、19時30分にゴールを迎え、No.21YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ローズ/マイケル・ファン・デル・マーク)が優勝を飾った。

序盤からNo.634MuSASHi RT HARC PRO.Hondaと激しいバトルを展開した21番ヤマハファクトリー。2時間を過ぎても3秒以内の僅差でトップ争いを繰り広げていたが71周目のヘアピンで634番ハルクプロの中上貴晶が転倒。すぐに走行を再開したが、マシン修復のためピットインを余儀なくされ、4番手に後退してしまう。

これで、独走状態となった21番ヤマハファクトリーは、中須賀、ローズ、ファン・デル・マークが順調に周回を重ね、リードを守るのではなく、自分たちのペースを維持してゴールを目指すという昨年同様の走りを披露。117周目にはローズが2分06秒932という予選並みのタイムを決勝で記録。もちろんこれがファステストラップ。残り2時間のところでは3番手の11番チームグリーンを周回遅れにすると、5番TSRホンダにも接近。しかしドミニク・エガーターがラップダウンにされまいと、必死のライディングをみせた。

残り1時間を切って、今年の鈴鹿8耐の上位オーダーは決定かと思われたが、最後の最後にドラマが待っていた。

©︎KANSENZYUKU

残り40分のところで逆バンクでアクシデントが発生し、セーフティカーが導入。21番ヤマハファクトリーは、これによりリードがなくなるということはなかったが、逆に不運に見舞われたのは2番手の5番TSRホンダ。再開直後にマシン内部から炎が上がるハプニングが発生。乗っていたランディ・ドゥ・プニエはそれに気づかず走行していたが、ピットインして修復を命ずるオレンジボール旗が振られ、緊急ピットインを余儀なくされる。

これにより、11番チームグリーンが2番手に浮上。セーフティカーの関係で同一周回に戻り、最後まで追い上げを見せた。しかし、今年も21番ヤマハファクトリーは最後まで完璧な走りを披露。最多周回数には届かなかったものの、216周を完了しチェッカーフラッグ。鈴鹿8耐史上初めて同一チームが3年連続で優勝を成し遂げた。2位には11番チームグリーン、3位には5番TSRホンダが入った。

634番ハルクプロは後半にもトラブルが発生し緊急ピットイン。最後まで好ペースで周回するも4番手と悔しい結果に。序盤に転倒を喫した12番ヨシムラは最後尾から7位まで追い上げ、チェッカーを受けた。

©︎KANSENZYUKU ©︎KANSENZYUKU

また注目のEWCチャンピオン争いは、ランキングトップだったNo.1SUZUKI Endurance Racingが途中転倒に見舞われ後退。1ポイント差でランキング2位につけていたNo.94 GMT94 YAMAHAが総合11位に入りチャンピオンを獲得した。

今年は4メーカーによる激戦が予想されていたが、終わってみればどのチームよりも早いアベレージで周回し、ノーミス・ノートラブルで8時間を乗り切った21番ヤマハファクトリーが40回記念の舞台で栄冠を勝ち取ることになった。

©︎KANSENZYUKU

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る