【Formula Nippon】公式合同テスト1日目:大雨の中、塚越広大がトップタイムを記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ファン感謝デーが終わった鈴鹿サーキットでは、早速2012年のフォーミュラニッポン公式合同テストが行われた。

開幕までに合計4日間しかないテストチャンスに今季参戦予定の11チーム、17台のマシン・ドライバーが集合。スポット参戦が予定されている佐藤琢磨もTEAM無限の15号車からテストに参加した。
現地の鈴鹿サーキットは、朝から大雨に見舞われ、予定されていたテストセッションのうち、午前の走行はキャンセルとなり、15時~17時の午後2時間のみの走行となった。

 

午後になっても雨脚が弱まらない中で始まった合同テスト。最初はどのマシンも動く気配を見せなかったが、大嶋和也(TEAM LeMans)やロイック・デュバル(TEAM KYGNUS SUNOCO)がコースインすると、次第に各車も動き始める。途中、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(TEAM IMPUL)が逆バンクでクラッシュ、安田裕信(KONDO RACING)が逆バンクでマシンストップがあったなどで赤旗中断になったが、後半になると徐々に雨も弱まり、各車が積極的に周回を重ねた。

最終的に、塚越広大(DOCOMO TEAM DANDELION)が1分50秒492のタイムを記録しトップタイム、2位にはチームメイトの伊沢拓也、3位には小暮卓史(NAKAJIMA RACING)が入り、ホンダ勢がトップ3を独占した。

一方、注目のチャンピオン獲得メンバーは、4位ロイック・デュバル、5位松田次生(TEAM IMPUL)とFN復帰組が好タイムを記録。前年チャンピオンのアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)は大雨の時はトップタイムを記録していたが、最終的に10位タイムとなった。

また、昨日のRd.0で素晴らしい走りをみせた佐藤琢磨(TEMA無限)は、大雨の中で、初のFN本格走行となったが、走るたびにタイムを更新していきベストは1分51秒538、トップから1.046秒遅れの7位タイムを記録した。

FNテスト初日結果

公式合同テストは、明日の6日も鈴鹿サーキットで走行が予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る