【F1】開幕戦オーストラリアGPで使用されるタイヤを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いよいよ、今週末にシーズン開幕を迎えるF1。今年もイタリアのピレリ社が全チームにタイヤを供給する。

今年もドライ(晴れ用)タイヤは、スーパーソフト、ソフト、ミディアム、ハードの4種類のタイヤがあらかじめ用意され、各レースのコンディションに応じてピレリ側が事前に2種類を選択。その2種類のタイヤをフリー走行・予選・決勝と各チームが使用していく。

特に決勝時には2種類のドライタイヤを最低一度ずつ使用しなければならないため、観戦するファンにとっても誰がどのタイヤを履いているのか、把握したいところ。今年もピレリタイヤは各種類のタイヤを見分けやすいように、側面のロゴの色を変えて識別している。

今回は、開幕戦オーストラリアGPで使用されるタイヤのみ紹介して行こうと思う。

【開幕戦:オーストラリアGP使用タイヤ】
ドライ:ミディアム(白)、ソフト(黄)

Pirelli_P_Zero_Medium WHITE_01 Pirelli_P_Zero_Soft YELLOW_01
[左:ミディアム、右:ソフト]

レイン:インターミディエイト(緑)、ウエット(青)

Pirelli_Cinturato_Intermediate GREEN_01 Pirelli_Cinturato_Rain_BLUE_01
[左:インターミディエイト、右ウエット]

ワンメイク供給2年目となるピレリタイヤ。今年は車両規定の変更を加味し、タイヤのコンパウンドが見直され、昨年とは異なったタイヤとなっている。ただ昨年同様に2回、3回のタイヤ交換をして決勝レースを戦っていくというスタイルになることは確実、今年もタイヤ戦略が勝敗を分ける鍵となりそうだ。

[Photo:Pirelli]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. いよいよ今週末開幕する2018F1日本グランプリに向け、続々とドライバーたちが来日。舞台とな…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  3. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  4. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  5. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る