【F1】第4戦バーレーンGPが混乱の中で開幕。FP2はロズベルグが最速、可夢偉は7位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バーレーンGP(メルセデス)
『Photo:MercedesAMG』

今週末は第4戦バーレーンGPが行われる2012年のF1世界選手権。中東バーレーンのバーレーンインターナショナルサーキットが舞台となる。

ここバーレーンは、2011年2月から発生している「バーレーン騒乱」により大規模な反政府デモが活発になっており、これまで警察との衝突で死者も出ている。

これにより2011年は当初開幕戦として予定されていたバーレーンGPだったが、混乱が続き開催中止。今年になってからもデモ隊による抗議活動が続いており、ギリギリまで開催が危ぶまれた。

しかし、F1関係者と各チームは現地入りを果たし、スケジュール通りに現地時間の20日(金)に2回のフリー走行が行われた。

それでも、現地では抗議活動が続いており、バーレーンGPを利用して大規模な反政府活動が計画されているという噂もある。この影響を受けて、フォースインディアチームはフリー走行2回目の参加を取りやめ、チームクルーが夕方のうちにサーキットを後にするなど、警戒が続いている。

そのフリー走行2回目はフォースインディアを除く11チーム22台が参加。2年ぶりのバーレーンインターナショナルサーキットということもあり、各ドライバーともに精力的に周回を重ねた。

BAHRAIN GRAND PRIX F1/2012
『Photo:Pirelli』

トップタイムは、ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)。他を圧倒する1分32秒816を記録した。先週の中国GPで悲願の初優勝を飾ったロズベルグ。この勢いで2戦連続ポールポジション、そして2連勝を狙いたいところ。2位・3位には今季は今ひとつ波に乗れないレッドブル勢が入った。王者セバスチャン・ベッテルは開幕3戦を終えて、未だポールポジションも優勝も手にできていない。まずは明日の予選で今季初ポール獲得に期待が集まる。

そして、日本の小林可夢偉(ザウバー)は1分34秒411を記録し、7位で初日のフリー走行を終えた。明日の予選では2戦連続Q3進出を目指す。

注目の公式予選は、日本時間の21日(土)20時から行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る