【ニュル24時間】Gazoo Racingが2クラス制覇!スバルは悲願の2連覇達成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

5月17日~20日の日程でドイツ・ニュルブルクリンクで開催された「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」は日本時間の20日(日)23時00分にゴールを向かえ、各クラスでエントリーした日本車勢が大活躍。その中でも、ニュル24時間挑戦5年目となる83号車のレクサスLFA(木下隆之、飯田章、脇阪寿一組)が総合15位、SP8クラス(全6台)優勝を飾った。

2008年からLFAで参戦するGAZOO Racingは今年、トヨタ86を2台加えた3台体制でエントリー。昨年は度重なるトラブルやアクシデントに苦しめられたLFAだったが、今年は24時間を通して大きな混乱もなく、終わってみればクラス2位のアストンマーティンに10周差をつけ圧勝。結果・内容共に過去最高の成績でチェッカーを受けた。

166号車の86(高木実、石浦宏明、大嶋和也、井口卓人組)は、終盤まで続いた接戦を制し、ニュル24時間初参戦で見事SP3クラス(全16台)で優勝。総合でも46位に入る健闘を見せた。

そして昨年、悲願のクラス優勝を果たしたスバルWRX STI S206(吉田寿博、佐々木孝太、マルセル・エンゲルス、カルロ・ヴァン・ダム組)は、序盤でトップを奪うと安定した走りで後続を引き離す。途中、オイルリークのトラブルで修復に時間を費やしてしまうものの、最後までトップを守りきったWRX STI。公約どおり見事SP3Tクラス(全13台)で2連覇を果たし、総合28位に入った。

このレースの模様は、Gazoo Racing、スバルの各ピットからUSTREAMで生中継配信され、ゴール時には2チャンネル合わせて約7500人のファンが感動の瞬間を視聴した。

また、日産GT-R2台のみのエントリーとなったSP8Tクラスは、山内一典組の123号車のTeam GT Academyがクラス優勝を果たした。

なお、総合優勝はSP9 GT3クラスの3号車アウディR8(マルク・バッセン、クリストファー・ハーセ、フランク・スタップラー、マルクス・ビンケルホック組)で、155周を走破した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る