【F1】第6戦モナコGP(予選):ペナルティでグリッド降格もシューマッハが復帰後初PP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1016667486-312152552012
『Photo:MercedesAMG』

F1第6戦モナコGPの公式予選が、26日21時00分(日本時間)から行われ、ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)が1分14秒301でF1復帰後初のポールポジションを獲得した。

木曜日のフリー走行では、雨も降ったモンテカルロ市街地コースだが、公式予選は終始ドライコンディション。まず24台が出走したQ1では、開始早々にセルジオ・ペレス(ザウバー)がクラッシュを喫し赤旗中断。昨年もQ3で大クラッシュしてしまったペレス。2年連続で“ガードレールの餌食”となってしまった。

約5分の中断し、残り15分10秒のとことから再開。やはりコース上が一番混み合うQ1でタイムを出すために早い段階からスーパーソフトタイヤ(赤)を積極的に使うドライバーが多かった。Q1でのトップタイムはスーパーソフトを使ったニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア)、2位にこちらもスーパーソフトでタイムアタックした小林可夢偉(ザウバー)が入った。

10枠のQ3進出をかけた予選Q2では、ほぼ全車がスーパーソフトでアタック。中でも今季不振が続いていたフェリペ・マッサ(フェラーリ)が1分14秒911でQ2最速タイムを記録。Q1では好調だったヒュルケンベルグ、可夢偉はタイムが伸びず脱落。さらにモナコ優勝経験のあるジェンソン・バトン(マクラーレン)も13位でノックアウトされてしまった。

第70回モナコGPのポールポジションをかけて行われた最終のQ3。ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)を先頭に続々とコースイン。1分14秒572のタイムで暫定トップに立つが、最後のアタックでマーク・ウェバーが1分14秒381でタイム更新、さらにその後ろを走っていたシューマッハが、ウェバーを0.080秒上回る1分14秒301でトップに浮上し、2010年のF1復帰以降、初めてのポールポジションを獲得した。

122255968-5947152652012
『Photo:MercedesAMG』

しかし、シューマッハは前回スペインGPでブルーノ・セナ(ウィリアムズ)との接触で今回5グリッド降格のペナルティを受けているため、決勝では6番手からスタートとなる予定。従って上位5人が繰り上がり、ウェバーとロズベルグのフロントロー(最前列)でスタートが切られる予定だ。

注目のモナコGP決勝は、日本時間の27日(日)21時00分からスタートする。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る