【SUPER GT】第2戦富士(予選Q1):ミハエル・クルムが渾身のアタックでトップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

IMG_0111

引き続き、雨が降り続く富士スピードウェイでは、SUPER GT第2戦の公式予選(Q1)が行われ、GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rのミハエル・クルムが1分43秒640でトップタイムを記録した。

午後1時から始まった公式予選。今回は各クラス15分間のみの占有走行時間の中で、スーパーラップに進出するトップ10台を決めるタイムアタックバトルが繰り広げられた。

先に行われたGT300クラスは、午前に引き続きヘビーウエットの中での予選。その中でもJLOCラボルギーニ GT3の山西康司が速さをみせ、1分52秒376のトップタイム。2位にはGAINER DIXCEL R8 LMS(田中哲也/平中克幸)、3位にはART TASTE PORSCHE(ティム・ベルグマイスター/土屋武士/ヨルグ・ベルグマイスター)が入った。

続いて行われたGT500クラスのQ1では、雨に強いEPSON HSV-010(道上龍/中山友貴)、DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)といったダンロップ、ミシュラン勢が前半から好タイムを記録。その中でもEPSON HSVの道上龍がトップをキープしていたが、雨量が少なくなった終盤にMOTUL AUTECH GT-Rのミハエル・クルムが道上を0.8秒上回る1分43秒640をマーク。堂々のQ1トップ通過を果たした。
今季からSUPER GTに戻ってきたクルム。復帰2戦目で素晴らしい走りを見せた。

14時30分からのスーパーラップが行われ、ポールポジションが決定する。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  2. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  3. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  4. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…
  5. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る