【SUPER GT】第3戦セパン(決勝):GT500クラスはウイダーHSV-010が2年連続ポール・トゥ・ウィン!

18号車『写真:GTA』
『写真:GTA』

SUPER GTシリーズで唯一の海外ラウンドとなる第3戦セパンが10日(日)、マレーシアのセパン・インターナショナルサーキットで開催された。

気温33℃、路面温度52℃と、予選日をさらに上回る灼熱のドライコンディションでマレーシアラウンドがスタートした。

ポールポジションは昨年のセパン戦に引き続き、ウイダーHSV-010(小暮卓史/カルロ・ヴァン・ダム)が獲得。スタートでも2位のZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)、3位のMOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ミハエル・クルム)を抑え、トップで1コーナーを通過していく。ウイダーHSVはエースの小暮をスタートドライバーにして一気に逃げる戦略に出たが、開幕戦優勝に大きく貢献した38号車セルモの平手が追走する。

GT500スタート『写真:GTA』
『写真:GTA』

今回は予想以上に路面温度が上がった事により、各タイヤメーカーともに苦戦を強いられてしまう。前回富士でポールポジションを獲得したダンロップタイヤを履くEPSON HSV-010(道上龍/中山友貴)は序盤でタイヤ交換を余儀なくされる事態となり、ヨコハマタイヤユーザーのD’station ADVAN GT-R(安田裕信/ビヨン・ビルドハイム)2周目にタイヤがバーストしリタイヤ。またレース終盤には昨年のチャンピオンチームであるS Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)も暑さに強いと言われていたミシュランタイヤがバーストするなど、波乱のレースとなった。各車が暑さで苦戦する中、後方から怒とうの追い上げを見せたのがENEOS SUSTINA SC430(伊藤大輔/大嶋和也)。じつは土曜日の予選でエンジントラブルが起き、決勝は最後尾スタート。しかし、完璧に調子を取り戻した6号車は次々とライバルたちをかわす快走を見せた。

そんな中、注目のトップ争いは18号車のウイダーHSV(小暮)と、38号車セルモ(平手)の一騎打ちの展開となる。約2秒の間隔を保ったまま、ドライバー交代のタイミングを迎える。まず先に動いたのが38号車セルモ、26周目にピットインしベテランの立川祐路にバトンタッチ。これをみた18号車ウイダーHSVも27周目にピットイン。GT500ルーキーのカルロ・ヴァン・ダムにステアリングを託す。

両者の位置関係に大きな変更はなく、再び38号車の前でコースに戻った18号車。しかし、GT300のマシンが絡んでペースが落ちたヴァン・ダムにベテラン立川が急接近。一時、0.3秒差にまで迫る。
このまま38号車が前に出るのも時間の問題かと思われたが、GT300マシンの処理が終り、前方がクリアになると、すぐにペースを取り戻し、迫ってくる立川を圧倒。結局、最後まで38号車を前に出さなかった18号車が、そのままトップチェッカーを受け、セパン戦2連覇となる今季初優勝を飾った。

パルクフェルメ『写真:GTA』
『写真:GTA』

パルクフェルメに戻ってきたヴァン・ダムを笑顔で出迎えた小暮は「いつもは後半スティントを任されていたから、走行を終えて待っている方の気持ちを知らなくて、ずっと“早く終わってくれ!”と祈っていました。とにかく嬉しいです!」とインタビューに答えた。後半スティントで素晴らしい走りをみせたヴァン・ダムは「前半の小暮選手の走りをみて、タイヤマネジメントをどうやっていくかというイメージを持って走った。前半はタイヤをセーブしなければいけなくて、その間に38号車が迫ってきて辛かったけど。最後までトップで走れて、本当に嬉しい」と満面の笑みを見せていた。

38号車『写真:GTA』 6号車『写真:GTA』
『写真:GTA』

2位には最後までトップを追い詰める走りをした38号車セルモ。悔しい結果になったが、これでトータル38ポイントを獲得。ポイントランキングでも再び首位に躍り出た。3位は、序盤から怒とうの追い上げを見せた6号車の伊藤/大嶋組が入った。さらに4位にはDENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)が入り、レクサス勢がトップ5に3台と、今季の絶好調振りをアピールするレースとなった。

18号車選手『写真:GTA』
『写真:GTA』

次回は第4戦SUGOが、7月28・29日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る