【SUPER GT】第3戦セパン(決勝):GT500クラスはウイダーHSV-010が2年連続ポール・トゥ・ウィン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

18号車『写真:GTA』
『写真:GTA』

SUPER GTシリーズで唯一の海外ラウンドとなる第3戦セパンが10日(日)、マレーシアのセパン・インターナショナルサーキットで開催された。

気温33℃、路面温度52℃と、予選日をさらに上回る灼熱のドライコンディションでマレーシアラウンドがスタートした。

ポールポジションは昨年のセパン戦に引き続き、ウイダーHSV-010(小暮卓史/カルロ・ヴァン・ダム)が獲得。スタートでも2位のZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)、3位のMOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ミハエル・クルム)を抑え、トップで1コーナーを通過していく。ウイダーHSVはエースの小暮をスタートドライバーにして一気に逃げる戦略に出たが、開幕戦優勝に大きく貢献した38号車セルモの平手が追走する。

GT500スタート『写真:GTA』
『写真:GTA』

今回は予想以上に路面温度が上がった事により、各タイヤメーカーともに苦戦を強いられてしまう。前回富士でポールポジションを獲得したダンロップタイヤを履くEPSON HSV-010(道上龍/中山友貴)は序盤でタイヤ交換を余儀なくされる事態となり、ヨコハマタイヤユーザーのD’station ADVAN GT-R(安田裕信/ビヨン・ビルドハイム)2周目にタイヤがバーストしリタイヤ。またレース終盤には昨年のチャンピオンチームであるS Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)も暑さに強いと言われていたミシュランタイヤがバーストするなど、波乱のレースとなった。各車が暑さで苦戦する中、後方から怒とうの追い上げを見せたのがENEOS SUSTINA SC430(伊藤大輔/大嶋和也)。じつは土曜日の予選でエンジントラブルが起き、決勝は最後尾スタート。しかし、完璧に調子を取り戻した6号車は次々とライバルたちをかわす快走を見せた。

そんな中、注目のトップ争いは18号車のウイダーHSV(小暮)と、38号車セルモ(平手)の一騎打ちの展開となる。約2秒の間隔を保ったまま、ドライバー交代のタイミングを迎える。まず先に動いたのが38号車セルモ、26周目にピットインしベテランの立川祐路にバトンタッチ。これをみた18号車ウイダーHSVも27周目にピットイン。GT500ルーキーのカルロ・ヴァン・ダムにステアリングを託す。

両者の位置関係に大きな変更はなく、再び38号車の前でコースに戻った18号車。しかし、GT300のマシンが絡んでペースが落ちたヴァン・ダムにベテラン立川が急接近。一時、0.3秒差にまで迫る。
このまま38号車が前に出るのも時間の問題かと思われたが、GT300マシンの処理が終り、前方がクリアになると、すぐにペースを取り戻し、迫ってくる立川を圧倒。結局、最後まで38号車を前に出さなかった18号車が、そのままトップチェッカーを受け、セパン戦2連覇となる今季初優勝を飾った。

パルクフェルメ『写真:GTA』
『写真:GTA』

パルクフェルメに戻ってきたヴァン・ダムを笑顔で出迎えた小暮は「いつもは後半スティントを任されていたから、走行を終えて待っている方の気持ちを知らなくて、ずっと“早く終わってくれ!”と祈っていました。とにかく嬉しいです!」とインタビューに答えた。後半スティントで素晴らしい走りをみせたヴァン・ダムは「前半の小暮選手の走りをみて、タイヤマネジメントをどうやっていくかというイメージを持って走った。前半はタイヤをセーブしなければいけなくて、その間に38号車が迫ってきて辛かったけど。最後までトップで走れて、本当に嬉しい」と満面の笑みを見せていた。

38号車『写真:GTA』 6号車『写真:GTA』
『写真:GTA』

2位には最後までトップを追い詰める走りをした38号車セルモ。悔しい結果になったが、これでトータル38ポイントを獲得。ポイントランキングでも再び首位に躍り出た。3位は、序盤から怒とうの追い上げを見せた6号車の伊藤/大嶋組が入った。さらに4位にはDENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)が入り、レクサス勢がトップ5に3台と、今季の絶好調振りをアピールするレースとなった。

18号車選手『写真:GTA』
『写真:GTA』

次回は第4戦SUGOが、7月28・29日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-7-6

    【2017F1日本GP】7月9日(日)から西エリアチケット・金曜日券を販売開始

    鈴鹿サーキットは7月9日(日)10:00からF1日本グランプリ「西エリアチケット」および「金…
  3. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…

最近の記事

  1. 今年もSUPER GTのGT500クラスに参戦するレクサス勢のドライバーによるファンイベント…
  2. 8月26・27日に鈴鹿サーキットで開催されるSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmを前に、ス…
  3. [table id=72 /]…
  4. 毎年運行されるF1日本グランプリ直通バス(JR名古屋駅太閤通口~鈴鹿サーキット第9駐車場内 間)、サ…
  5. 2017年のスーパーGT第5戦「FUJI GT300km RACE」の決勝が6日、富士スピー…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る