【ル・マン24時間】いよいよ決勝レースがスタート!アウディが1・2体制、トヨタも3・4位をキープ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ルマン決勝1『Audi Sport』
『Photo:Audi Sport』

第80回ル・マン24時間耐久レースが、日本時間の16日(土)22時にスタートが切られた。

14日の予選でポールポジションを獲得した1号車アウディR18 e-トロン クワトロ(A・ロッテラー/M・ファスラー/B・トレルイエ)が、そのまま1位を死守しレースがスタート。2位の3号車アウディR18ウルトラ(M・ジェネ/R・デュマ/L・デュバル)が続いたが、4番手スタートの2号車アウディR18e-トロン クワトロ(A・マクニッシュ/R・カペッロ/T・クリステンセン)が一気に追い上げ、2位に浮上した。

昨年のル・マン覇者でもあるアウディ勢にとって、今回最大のライバルとして注目を集めているトヨタTS030ハイブリッドは、3号車アウディの前に出て、2時間を終了した時点で7号車(A・ブルツ/N・ラピエール/中嶋一貴)が3位、8号車(A・デビッドソン/S・ブエミ/S・サラザン)が4位につけている。

ルマン決勝3『Photo:Audi Sport』
『Photo:Audi Sport』

スタート前から分厚い雲に覆われていたサルトサーキット上空。スタート直後に雨が降り出すなど、序盤から大荒れの展開になるかと思われたが、2時間を経過した時点では太陽も顔を出し、コース全域にわたってドライコンディションとなっている。

しかし、荒聖治が乗り込む17号車のペスカローロ 童夢S102.5・ジャッドはトラブルでガレージインを余儀なくされ、大きく後退。また井原慶子が乗り込む29号車のオレカ03・ニッサンも、クラッシュを喫してしまうなど、早速“ル・マンの魔物”が各マシンに牙をむいている。

スタートから着実にリードを広げつつある、1号車アウディR18に、3・4位につけるトヨタTS030の2台が、どのようなレースを展開していくのか?この後、現地サルトサーキットは夕暮れの走行時間を迎える。

総合トップ5途中順位(2時間15分経過)
1位:1アウディR18(38Laps)
2位:2アウディR18(+1Lap)
3位:7トヨタTS030(+1Lap)
4位:8トヨタTS030(+1Lap)
5位:3アウディR18(+1Lap)

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る