【ル・マン24時間】22時間経過し1号車アウディがトップ、様々なトラブルにも迅速に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ルマン決勝6『Photo:Audi Sport』
『Photo:Audi Sport』

第80回ル・マン24時間レースは、いよいよ終盤戦を迎えている。
レース前半でトヨタ勢がリタイヤし、アウディの独壇場となってる総合優勝争いをみせ、22時間を経過して、トップは依然1号車アウディR18 e-トロン クワトロ(A・ロッテラー/M・ファスラー/B・トレルイエ)が守っている。ナイトセッションでスピンを喫し、マシンに軽いダメージを負ってしまうものの、すぐに修復させトップを死守。その後は2号車と1周以内の僅差でトップ争いを繰り広げる。

一方、トヨタといったアウディ以外のLMP1クラスのマシンはトラブルが続出し、ガレージで長い時間を過ごすマシンが増え始め、レース開始から17時間を迎えたところで、ついに1位~4位をアウディR18が独占した。

このまま、アウディが他車に圧倒的な強さを見せつけ、上位独占かと思われたが、レース終盤にきて落とし穴が待っていた。

レースも残り3時間を切ったところで3号車アウディR18ウルトラ(M・ジェネ/R・デュマ/L・デュバル)がユノディエールの第1シケインでクラッシュ。レース前半同様にマシンを傷つけピットに戻ると、今度は2号車アウディR18e-トロン クワトロ(A・マクニッシュ/R・カペッロ/T・クリステンセン)もポルシェカーブでクラッシュ。こちらもマシンにダメージを負って緊急ピットインを余儀なくされる。

しかし、ル・マンを何度も制してきた名門アウディチームは、驚異的な速さでマシンを修復させピットアウト。2号車は2位のままレースに復帰している。

一方、大きなトラブルもなくトップを守り続ける1号車アウディは、残り2時間を切ったところでエースのアンドレ・ロッテラーにバトンタッチ。今年は彼がトップチェッカーを受けることになりそうだ。

最後の最後まで目が離せないル・マン24時間レースは、この後、日本時間の17日22時にゴールを迎える。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る