【SUPER GT】第4戦SUGO:レクサス勢1−2!ENEOS SUSTINA SC430がトップ

SUPER GT第4戦SUGOが開幕、28日(土)朝から2時間に渡る公式練習が行われ、GT500クラスはENEOS SUSTINA SC430(伊藤大輔/大嶋和也)が1分15秒376でトップタイム。PETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ロイック・デュバル)が2位につけ、今期絶好調のレクサス勢が1−2を独占した。

 

朝から夏の日差しが強いスポーツランドSUGO。コースオープンと同時にGT500・GT300の各車が一斉にコースイン。午後の予選に向けて積極的にデータ収集、タイムアタックのシュミレーションを行った。途中マシントラブルで止まるマシンが出たため2回赤旗中断があったものの、特に大きな混乱もなくセッションが進んだ。2時間のうち最後の10分ずつは各クラスの専有走行時間で、GT500は昨年のSUGO覇者S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)がトップタイムをマークしていたが、専有時間で大嶋和也が大幅にタイムを更新。さらに36号車トムスも続き、レクサス勢が1−2を独占。3位1号車MOLA、4位MOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ミハエル・クルム) がつけ、今季はまだ未勝利の日産GT-R勢も好調さをアピールした。

 GT_Rd4SUGO0009

GT300クラスは第3戦セパンを制したハンコックKTRポルシェ(影山正美/藤井誠暢)が1分22秒603でトップタイムをマーク。今回からGT初参戦で注目を集めている無限CR-Z(武藤英紀/中嶋大祐)は、セッション序盤にスピンを喫したものの、その後は順調に走行して1分24秒177でクラス15位のタイムをマークした。

注目の公式予選Q1は13時40分からスタートする。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る