【SUPER GT】第4戦SUGO:デビュー戦の無限CR-Zが堂々のスーパーラップ進出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

炎天下の中、多くのファンが来場し盛り上がっているスポーツランドSUGOでは、スーパーラップ進出をかけた予選Q1が行われた。

まず最初のGT300クラスの予選ではスピンやコース上でストップするマシンが続出、2回の赤旗中断があったがエヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電(高橋一穂/加藤寛規) が午前中に続き好調な走りを見せて1分22秒162でトップ通過。初のGT300予選を迎えた無限CR-Z(武藤英紀/中嶋大祐)も、Q1アタッカーの大祐が終盤で好アタックをみせ、1分23秒093で7位。デビュー戦から堂々のスーパーラップ進出を果たした。

続いて行われたGT500のQ1は、コースオープンから全車がピットに待機するという、珍しい光景が見られた。今日も真夏日のSUGOは、気温30℃、路面温度56℃という灼熱のコンディションでタイヤ温存を狙っていたようだ。

残り7分というところで各車が続々とコースイン。フォーミュラ・ニッポン予選のような激しいタイムアタック合戦が繰り広げられた。こちらもGT300同様に朝から好調だったENEOS SUSTINA SC430(伊藤大輔/大嶋和也)が1分15秒079をマークしトップ通過。F・ニッポンで優勝やポールポジション経験もある大嶋和也が2位以下に0.411秒の大差をつける好アタックだった。

2位にはカルソニックIMPUL GT-R(松田次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)、3位にMOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ミハエル・クルム) が入り、GT-R勢も好調。このあとのスーパーラップでは、僅差の勝負が展開されるだろう。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る