【SUPER GT】ポッカ1000km決勝速報(1):いよいよ伝統の1戦がスタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日も晴天に恵まれた鈴鹿サーキットでは、いよいよ第41回インターナショナルポッカ1000kmのスタートが切られた。

GT500はポールポジションのS Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)を先頭に順当なスタート。トップを守ったMOLA GT-Rが2位DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)以下を引き離す展開。その後方でランキング首位のZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)がスプーンで痛恨のコースオフ。なんとか復帰を果たしたが序盤から大きなハンデを背負ってしまった。さらに9周目、7位スタートのPETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ロイック・デュバル)が右リアタイヤがバーストするなど、序盤から波乱の展開となっている。

GT300クラスは車検違反により最後尾スタートとなったtriple a Vantage GT3(吉本大樹/星野一樹/吉田広樹)が昨日の鬱憤を晴らすような怒涛の追い上げを見せ、14周目になんと24台抜きを実現。トップ奪還を果たした。

16/173周 終了時点途中経過
【GT500】
1位:S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)
2位:DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明) +9.9秒
3位:ENEOS SUSTINA SC430(伊藤大輔/大嶋和也) +10.8秒
4位:MOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ミハエル・クルム) +11.7秒
5位:KEIHIN HSV-010(金石年弘/塚越広大) +12.5秒

【GT300】
1位:triple a Vantage GT3(吉本大樹/星野一樹/吉田広樹)
2位:GSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也) +2.6秒
3位:S Road NDDP NISMO GT−R(関口雄飛/千代勝正) +11.2秒
4位:SUPBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太) +11.7秒
5位:マネパランボルギーニ GT3(織戸学/青木孝行)+13.5秒

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 毎年恒例となった、観戦席相関表(所要時間・距離・消費カロリー参考値)の2017年バージョン完成! …
  2. [table id=76 /]…
  3. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  4. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  5. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る