【SUPER GT】ポッカ1000km決勝速報(4):トラブル続出のGT500はGT-R勢がトップ4独占中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

52号車メルセデスSLSのクラッシュにより、セーフティカーが導入されたポッカ1000km。65周目にレースが再開されると、鈴鹿に潜む魔物が本格的に目を覚ました。

ここまでトップ争いを繰り広げてきたDENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)が駆動系トラブルでリタイヤ。続いてトップに浮上したKEIHIN HSV-010(金石年弘/塚越広大)だったが、右リアタイヤがバーストするアクシデントに見舞われ、無念の後退。夕方になるに連れ気温が落ち始めている鈴鹿サーキットだが、路面温度は引き続き40℃を大きく超えており、これがタイヤへ大きく負担を与え。GT500・300両クラスでタイヤバーストが増えている。

相次ぐライバル勢の後退が続く中、今期未勝利の日産勢は大きなトラブルもなく快走。MOLA GT-Rが95周目にトップを奪い返し、MOTUL AUTECH GT-R、カルソニックIMPUL GT-R、D’station ADVAN GT-Rと、日産GT-R勢がトップ4を独占する展開となった。

140周を終えたところで5回目のピット作業を済ませ、クインタレッリにバトンタッチ。今季は苦しい結果が続いた分、伝統のポッカ1000kmで日産の1−2−3−4が見られるか?いよいよチェッカーフラッグまで、残り30周となっている。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る