【鈴鹿50th】GPスクエアも往年の名車展示など、イベント盛りだくさん!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回の鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデーでは、東コースを使ってのデモ走行イベントが多数用意されているが、GPスクエアを中心に多くのイベントが開催されている。

 

メインステージではゲストとして来場している名ライダー・ドライバーによるトークショーが朝から行われた。特に日本人GPライダーのトークショーでは2輪WGPで活躍した岡田忠之、原田哲也、玉田誠が登場。特に原田が久しぶりにファンの前に登場するとあって、多くの2輪ファンがステージを囲んだ。10年ぶりにレーシングバイクに乗るという原田は「昨日、練習で乗りましたが、ビビりました。多分今日のデモ走行もビビって走ると思います」とジョークまじりのトークで笑いを誘っていた。

また玉田は「今回は本当にファンの立場として参加したかったくらい、すごいイベントです。2日間皆さんに楽しんでいただけるように、我々も努力します」と語り、ファンだけではなくライダーやドライバーたちにとっても、今回の50周年記念イベントは特別なものになっているようだ。

メインステージの向かい側には鈴鹿で活躍したレーシングバイクやレーシングカーが多数展示され、訪れたファンは当時のレース風景を思い出しながら展示されている車両を眺めていた。

 

パドックトンネル入口の隣には、10月に発売予定の新作F1公式ゲームソフト「F1 2012」の体験ブースが設けられ、一足先に2012年版のF1の世界を体験しようと熱心なファンが列を作っていた。

 

また、お昼の時間には国内レースでは恒例となっているグリッド&ピットウォークが行われ、実際にデモ走行を行うマシンたちが並べられ、参加したファンは記念撮影に余念がなかった。
F1マシンやWGPのバイクなどはピットガレージ前に並べられ、午後からのデモ走行に備えて暖気運転のパフォーマンスも行われ、F1マシンを中心にガレージ前はファンで埋め尽くされていた。

こうして大盛況のうちに50周年アニバーサリーデー1日目が終了。夏休み最後の週末ということもあり、30,000人のファンが来場し、鈴鹿サーキットの長い歴史に触れた1日となった。

明日も午前8時からゲートオープン。今日以上に内容盛りだくさんの2日目が開催される。

【特別ご招待券をダウンロードして、無料でイベントに参加しよう!】

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る