【SUPER GT】第6戦富士(GT300予選):プリウスGT快挙!実力で初PPをゲット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

SUPER GT第6戦富士のGT300クラス予選は、ハイブリッドシステムを初めて導入してGTに参戦するapr PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀)が初のポールポジションを獲得。国内で最も人気のある市販車をモデルとしたGTカーがついにポールポジションを獲得した。

GT500同様にノックアウト方式で行われた公式予選。Q1からストレート番長のポルシェ勢がトップタイムをマーク。Q1・Q2ともにHANKOOK PORSCHE(影山正美/藤井誠暢)がライバルを圧倒。

 

このままハンコックポルシェが今季3度目のポールポジションも確実と思われたQ3。すでに伏兵的存在となっているaprプリウスGTが1分40秒417のコースレコードを記録し、トップ浮上。結局誰もこのタイムを上回ることが出来ず、参戦6戦目のプリウスGTが悲願の初ポールポジションを獲得した。

ポールポジションが決定した瞬間、タイムアタックの様子のピット内で見守っていた新田守男は感極まって泣きながらその場に座り込む。
残念ながらハイブリッドカーの初PPは無限CR-Zに奪われたが、この時は当初PPだったはずのtriple a vantage GT3が車検違反で失格。繰り上げでの結果となった。

しかし今回は自らFIA-GT3車両を破ってのポール獲得。今では街中で当たり前のように走っているプリウスが、国内を代表するレースの予選で頂点に立った瞬間だった。

2位には0.1秒差で惜敗したハンコックポルシェ。前述のとおり、直線スピードが軍を抜いて速いだけに決勝では手強い存在となりそうだ。3位には無限CR-Z(武藤英紀/中嶋大祐)。前回鈴鹿ではPPスタートを生かせず低迷。今回富士ではリベンジを果たしたいところ。

今回もタイヤ温存作戦や燃費をセーブしてピット作業時間を少なくする戦略を企んでいるチームが後方にもたくさん存在するため、明日の決勝ではプリウスGTが有利とは言い難い。その分、チェッカーまでどのチームが勝つか全くわからない大混戦のレースが期待できそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る