【SUPER GT】第6戦富士:決勝前のフリー走行はS Road REITO MOLA GT-Rがトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

決勝日を迎えた富士スピードウェイでは、30分間のフリー走行が行われた。この日も予報とは打って変わり、晴天に恵まれた富士スピードウェイ。昨日までの公式練習とは異なり、決勝レースを見据えた最終チェックが行われた。

GT500クラスは昨日フロントローを獲得した日産GT-R勢が今回も絶好調。S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が1分34秒726でトップ。2位にPETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ロイック・デュバル)、3位にWedsSport ADVAN SC430(荒聖治/アンドレ・クート)と続いた。86kgという大きなウェイトハンデがある中で、どんなレースを見せてくれるのか期待が高まる。

 

GT300クラスは直線番長のポルシェがここでも速さを発揮。エンドレス TAISAN 911(峰尾恭輔/横溝直輝)が1分41秒377でトップを記録。しかし、その直後に左リアタイヤがパンク。コース脇にマシンを止めてしまい、貴重な30分のフリー走行をフルに活用できずに終わってしまった。。2位には昨日ポールポジションを勝ち取ったapr HASEPRO PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀)、3位にJLOCランボルギーニ GT3(山西康司/山内英輝)がつけた。

注目の決勝レースは、この後14時00分から66周で争われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る