【F1】ペレスが2013年マクラーレン移籍を発表。ハミルトンはメルセデスAMGへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セルジオ・ペレス[Photo:SauberF1Team]
セルジオ・ペレス[Photo:SauberF1Team]

F1日本グランプリが来週に迫った28日、F1界にビッグニュースが飛び込んできた。現在ザウバーF1チームで活躍中のセルジオ・ペレスが2013年からマクラーレンチームへの移籍がチームから正式発表された。

2011年にデビューを果たした若いメキシコ人は、今年に入って才能を発揮。第2戦マレーシアGPでフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)と終盤まで優勝争いを演じ2位で初表彰台を獲得すると、第7戦カナダGPで3位。第13戦イタリアGPでも終盤までルイス・ハミルトン(マクラーレン)を猛追する快走をみせ2位表彰台を獲得。現在66ポイントでランキング9位につけている。

今回の移籍発表についてペレスは「マクラーレンのドライバーになれることに誇りを感じる。このチームはF1の長い歴史の中でも最も素晴らしいチームの一つ。特にセナがマクラーレンに乗ってチャンピオンを獲得するシーンを見て育ってきたから、その僕がマクラーレンのシートに座れるのは本当に嬉しい。この2年間、F1で走る機会を与えてくれたペーター・ザウバーとザウバーF1チームに心から感謝したい」とコメント。

なお、ジェンソン・バトンもチームに残留することが明らかになり、2013年はバトンとペレスのラインナップでシリーズチャンピオンを目指すことになる。

一方、ペレスの移籍に伴い、ルイス・ハミルトンのメルセデスAMGへの移籍も先ほど正式発表された。
ハミルトンは、まだジュニアフォーミュラで走っていた1998年にマクラーレンチームと長期契約。GP2やF1にステップアップするまえ「マクラーレンの秘蔵っ子」として育てられてきた。2007年にF1デビューしてかわもマクラーレン一筋。2008年に初のチャンピオンを獲得するが、それ以降はタイトル獲得の機会がなかった。そして今シーズン、ここまで3勝を挙げているもののトラブルやアクシデントが続き、思うように結果が残っていなかった。さらに中盤戦あたりからチームとの不仲説も流れるようになっていたが、今回正式にマクラーレンから離れることが正式に決まった。
またチームメイトもニコ・ロズベルグで決定。これによりミハエル・シューマッハがメルセデスAMGとのドライバー契約を終了することになった。

ビッグドライバー2人の移籍発表を受け、来季への動きが本格的に始まったF1。今後も各チームの来季への動きに注目が集まりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る