【SUPER GT】第7戦オートポリス:雨の公式練習はS Road REITO MOLA GT-Rがトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

SUPER GT第7戦が開幕。大分県のオートポリスが舞台で、シリーズで唯一の九州開催となる。連日報道でも取り上げられている通り、現在九州地方に台風ん17号が接近しており、オートポリスも予選日(29日)の朝から雨。オープンピットまで小雨だったものの、午前9時の走行直前になると大雨に見舞われ、セッション開始前からWET宣言が出された。

混走1時間40分、GT300・500両クラスの専有が10分ずつの合計2時間設けられた公式練習のセッション。午後の予選、そして明日の決勝も雨になることは確実で、各チームともに雨用のセッティングの確認に余念がなかった。

 

GT500クラスは雨に定評のあるミシュランタイヤ、ダンロップタイヤ勢が好タイムを記録。S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が1分45秒726でトップタイム。今季は苦戦が続いているEPSON HSV-010(道上龍/中山友貴)も1分45秒832で2位に続いた。

GT300クラスは第5戦ポッカ1000kmを制したtriple a vantage GT3(吉本大樹/星野一樹)が1分52秒977でトップタイム。今回からウェイトハンデが1ポイント当たり1kgになり、実質的に前回の約半分。今まで90kg以上のウェイトに苦しめられていたアストンマーティンも今回は47kgになり速さを取り戻した様子だった。2位にはGSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也)、3位にS Road NDDP GT-R(関口雄飛/千代勝正)が続いた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る