【SUPER GT】第7戦オートポリス:GT300クラス予選はS Road NDDP GT-Rが初PP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

SUPER GT第7戦オートポリスの公式予選が29日、大分県オートポリスで行われ、雨が降り続く難しいコンディションの中、S Road NDDP NISMO GT-R(関口雄飛/千代勝正)が3ラウンド全てでトップタイムを叩きだしポールポジションを獲得した。

気温15℃、路面温度15℃で始まった予選Q1。グリーンシグナルとともにほぼ全車がコースイン。雨の中タイムアタックのチャンスを伺った。しかしセション開始と同時に雨が強くなり、コースアウトするマシンも続出。そんな中で速さを発揮したのがNDDP GT-Rの関口雄飛。2戦ぶりにドライブする関口雄飛が2位以下に約2秒の大差をつける1分59秒943をマーク。

続くQ2でもNDDP GT-R千代勝正が序盤から好タイムを連発。一方、今季絶好調のFIA-GT3勢はテクニカルサーキットと悪天候による滑りやすい路面に苦戦。今回のオートポリスで優勝候補の一角と恐れられていたapr HASEPRO PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀)がコースオフ。Q2でノックアウトとなった。

上位10台せ争われた最終Q3。ここでもNDDP GT-R関口が素晴らしい走りを披露。2011年第2戦富士スピードウェイでトップタイムを記録しながらも、車検での重量規定違反でまさかの失格。幻のポールポジションとなってしまった。今回の関口はその時の分もリベンジするべくコースを攻め続け、一番最後のアタックで1分52秒702し、自らのタイムをさらに更新。ポールポジションを獲得した。2位にはQ2から本領を発揮したtriple a vantage GT3(吉本大樹/星野一樹)。3位はマネパランボルギーニ GT3(織戸学/青木孝行)が入った。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る