【SUPER GT】第7戦オートポリス:GT300クラス予選はS Road NDDP GT-Rが初PP!

SUPER GT第7戦オートポリスの公式予選が29日、大分県オートポリスで行われ、雨が降り続く難しいコンディションの中、S Road NDDP NISMO GT-R(関口雄飛/千代勝正)が3ラウンド全てでトップタイムを叩きだしポールポジションを獲得した。

気温15℃、路面温度15℃で始まった予選Q1。グリーンシグナルとともにほぼ全車がコースイン。雨の中タイムアタックのチャンスを伺った。しかしセション開始と同時に雨が強くなり、コースアウトするマシンも続出。そんな中で速さを発揮したのがNDDP GT-Rの関口雄飛。2戦ぶりにドライブする関口雄飛が2位以下に約2秒の大差をつける1分59秒943をマーク。

続くQ2でもNDDP GT-R千代勝正が序盤から好タイムを連発。一方、今季絶好調のFIA-GT3勢はテクニカルサーキットと悪天候による滑りやすい路面に苦戦。今回のオートポリスで優勝候補の一角と恐れられていたapr HASEPRO PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀)がコースオフ。Q2でノックアウトとなった。

上位10台せ争われた最終Q3。ここでもNDDP GT-R関口が素晴らしい走りを披露。2011年第2戦富士スピードウェイでトップタイムを記録しながらも、車検での重量規定違反でまさかの失格。幻のポールポジションとなってしまった。今回の関口はその時の分もリベンジするべくコースを攻め続け、一番最後のアタックで1分52秒702し、自らのタイムをさらに更新。ポールポジションを獲得した。2位にはQ2から本領を発揮したtriple a vantage GT3(吉本大樹/星野一樹)。3位はマネパランボルギーニ GT3(織戸学/青木孝行)が入った。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る