【F1】現地で役立つ!『観戦初心者向け資料詰め合わせセット(2012ver.)』を公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!「ビギナー観戦塾」担当の吉田です。
いつもビギナー観戦塾をご覧いただきありがとうございます!

さて、いよいよ2012F1日本グランプリ開幕まで1週間を切りました。皆さん、「年に1度」の鈴鹿観戦の準備は進んでいますか?
今年も初めて鈴鹿観戦するという方にとっても、何度も鈴鹿に通っているベテランファンの方も「持っておくと便利な情報」をまとめたデータ表をご紹介したいと思います。この詰め合わせセットの配信は、今年で3回目になりますが、ほぼ全て内容をリニューアルしました!

各項目にPDFファイルにつながるリンクを貼りました
是非ダウンロードしていただいて、鈴鹿F1観戦のお供にしていただければ幸いです。

【コース紹介】
ファイル「コース紹介【2012鈴鹿】」
特に初めて鈴鹿F1に行かれる方には、役立つものになると思います。
コースのコーナー名や、各区間の特徴、追い抜きポイントを簡単にまとめました。また、今年も金曜日のフリー走行は全席自由席なので「金曜フリー走行のオススメ観戦ポイント」も追加!このコース紹介を参考に、金曜日の観戦エリアを決めて移動してみてください!

【ルール早見表】
ファイル「ルール早見表【2012鈴鹿】」
初めての鈴鹿観戦はもちろん、特に今年からF1を観始めた「初心者ファン」の方にオススメの資料です。現地で観戦していて「あれ?これってどんなルール?」と、TV観戦同様に分からないルールに混乱してしまうこともあると思います。そこで!基本的な部分にはなってしまいますが最低限分かれば楽しめるルールをまとめて早見表にしました。
・2012ポイントシステム
・タイヤのルール
・ドライバーの見分け方
・予選ルール、決勝ルール(セーフティカールールも含む)
・ペナルティの代表例
昨年から導入された「DRS」や「KERS」についても対応してあります。

ルール面で不安が残る方は、持参していってみてください!きっと役に立つと思います。

【2012 F1エントリーリスト】
ファイル「2012F1日本GPエントリーリスト」
今までも(特に初心者ファンの方から)「マシンを見て“あのチームのどのドライバーだ!”と一瞬で見分けられない」というコメントをいただきます。特に、生観戦の場合は、文字スーパーが出てこないため、同じチームのマシンだと「どっちが誰?」と見分けるのも大変です。そこで日本GPのエントリーリストを作成しました!
特にカーナンバーとのところが赤色と黄色に色分けしてありますが、この色が「車載カメラのカラー」とリンクしていまし、よくTV中継や鈴鹿サーキットのタワーボードに表示される「ドライバーのアルファベット3文字表記」も掲載してあります。

観戦エリアに是非もって行ってほしいアイテムです!

【決勝グリッド表】
ファイル「グリッド書き込み表(2012)」
日曜日の決勝日。スタートは午後3時からですが、おそらく皆さんも朝からサーキットに来て、F1日本GPの雰囲気を楽しんだりすると思います。そこで必ず観戦仲間と話題になるのは「決勝のレース展開」だと思います。ただ、レース展開の話をするためには「決勝のスターティンググリッド」を知る必要もあります。
そこで、書き込み式のグリッド表も作成しました!初めてF1観戦されるという方も、これがあるだけで、かなり話は弾むと思います!

【タイヤ交換書き込み表】★NEW!★
ファイル「タイヤ交換書き込み表」
現在のF1で決勝レース中に、異なる2種類(鈴鹿の場合はソフト・ハード)のドライタイヤを使用しなければならないというルールがあります。しかし昨年からピレリタイヤに統一されてからは、1レースに2〜3回タイヤ交換を行うドライバーがほとんど。そうなると「誰がいつ交換したか?」と、途中で混乱してくると思います。

そこで、全てのドライバーのタイヤ交換状況を簡単にメモできるように一覧表を作りました!
鈴鹿の場合は2〜3回と言われていますが、ペナルティや緊急ピットインも考慮し6回分書き込めるようになっています。
<<記入方法>>
・まずはスタート時の装着タイヤをオレンジの部分に書き込みます。
・レーススタート後は各ドライバーがピットに入った周と新しく装着したタイヤの種類を書き込んでいきます。
記入例)
ソフト=O、ハード=H、インターミディエイト=I、ウエット=W
ペナルティ=P、その他の要因でのピットイン=O

おそらく、これもレース中に重宝すると思いますので、使ってみてください!

【ポイントランキング表】
ファイル「ポイントランキング表(2012鈴鹿)」
今年の鈴鹿F1の見どころの一つが「チャンピオン争い」
現在、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が一歩リードし、それをセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、キミ・ライコネン(ロータス)、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)らが追いかける展開となっています。

昨年とは異なり、ここ鈴鹿でのチャンピオン決定はありませんが、間違いなくシーズン終盤戦の“鍵”となる1戦になります。そのレースが終わった瞬間に、「鈴鹿が終わった状態でのポイントランキングはどうなったのか?」というのをすぐに把握するのに役立つと思います。これを持っておくと、かなり便利だと思います。

<<記入方法>>
1:まずは前戦までのポイントランキングがあらかじめ記載されています。
2:その隣「日本GP」という欄に、今回の鈴鹿で各ドライバー・チームが獲得したポイントを記入。
3:それと前戦までのポイントを足した合計ポイントを記入。
4:その合計ポイントが多い順にランキングを書き込む。

そうすれば、簡易版にはなりますが、すぐにポイントランキングが把握できるようになります。

★データのダウンロード方法★
画面の左上に「ファイル、編集、表示、ヘルプ」という項目があり、ファイルを選択します。
クリックすると一番下に「ダウンロード」と出てきますので、そこからダウンロードをお願いします。

いかがだったでしょうか??
ちなみに、今回ご紹介させてもらった資料は、私も長い間F1観戦をしてきて、実際に鈴鹿サーキットの現場で「あると便利なのに・・・」と思っていた資料ばかりです。

あまり「データ!データ!」という話をしてしまうと、マニアックに聞こえてしまいますが、その中には現地観戦で持っておくと「話が弾む」情報や「2倍・3倍F1観戦を楽しむ」情報も含まれています。

今回は、そんな資料をピックアップして、ご紹介いたしました。是非、気に入ったものがあれば、鈴鹿に持っていってみてください。きっと、役に立つと思います!

それでは、年に一度のF1日本GP鈴鹿観戦!思う存分、楽しんできてくださいね!

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る