【F1】いよいよ木曜ピットウォークがスタート!早朝から多くのファンが来場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

10月3日(木)。いよいよ待ちに待ったF1日本グランプリのイベントウィークがスタートした。

 

 

午前9時00分からの特別ピットウォーク参加のために、早朝から多くのファンがあつまり、8時00分のオープン時には約200mの列ができていた。今年のピットウォークは9時00分〜11時30分まで自由に参加可能なシステム。来場したファンの多くはそのままピットウォーク待機列に並んだ。

 

今年もピットウォークの時間に合わせてフェラーリ、フォースインディア、トロ・ロッソなど多くのチームがタイヤ交換の練習を行い、多くのファンが足を止めて、目の前で披露される世界最高峰の技に釘付けとなっていた。

 

各チームのガレージでは明日から始まる日本グランプリに向けての最終調整が行われており、それぞれお目当てのチームの前でマシンやタイヤなど、普段はテレビでしか観ることのできない機材を写真に収めていた。

 

また、今年は東コース限定でコースウォークも行われ、こちらも大盛況。実際にF1マシンが走るコースをファン自身の足で歩き、縁石やコース横の看板などを写真に収めていた他、ランニングコースと参加し、何周も東コースを走るファンをいるなど、楽しみ方は様々だった。

 

そしてドライバーたちも続々と鈴鹿サーキットに到着。ピットウォーク中に現王者のセバスチャン・ベッテル(レッドブル)やマクラーレン移籍が決まったセルジオ・ペレス(ザウバー)が登場。コース下見に歩いていった。

またミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)は自転車でサーキット入り。そのままコースの下見もそのまま自転車で行なっていた。

 

大盛況のうちに、特別ピットウォークもあっという間に終了。続いてお子様とそのご家族を対象としたJr&ファミリーピットウォークも行われ、こちらも元気な子供たちがピットロードに集合。先ほどまでのピットウォークセッションに負けない盛り上がりを見せた。中には小林可夢偉(ザウバー)をはじめ、各チームのドライバーやメカニックへ応援フラッグを手作りしてきて、「可夢偉せんしゅ〜!!」とピットに向かって呼び掛け、本人が出てこないかと待っている姿も印象的だった。

 

レース前日の木曜日から熱気に包まれている鈴鹿サーキット。この後はドライバーサイン会の当選者が発表され、16時00分からドライバー全員が集まってのサイン会が行われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る