【F1】ミハエル・シューマッハが今季限りでの引退を発表「また、さよならを言う時がきた」

F1日本グランプリ開幕が明日に迫った4日(木)、鈴鹿サーキットのパドックに衝撃が走った。
夕方に行われたメルセデスAMGのホスピタリティで記者会見が行われ、ミハエル・シューマッハが今季いっぱいでの引退を表明したのだ。

1991年にF1デビューを果たしたシューマッハは過去最多となる通算91勝、7度のワールドチャンピオンを挙げている。特に1997年から在籍しているフェラーリチームとともに何度も王座に輝き、“フェラーリ黄金時代”を担ったドライバーでもある。2006年いっぱいで一度引退を決意するが、彼自身の中にあるレースに対する熱意は消えず、現役復帰を決意。2010年からメルセデスGP(現メルセデスAMG)からレース復帰を果たす。復帰以降の優勝はないものの、3シーズン目を迎えた今年はヨーロッパGPで表彰台に登るなど“皇帝”と言われていた時代の調子をとり戻し始めていた。

しかし先週、マクラーレンのルイス・ハミルトンがメルセデスAMGに移籍することが発表され、同時にニコ・ロズベルグも残留。シューマッハは実質的にシートを失った状態になっていた。

今回の会見でシューマッハは「まだ現在の優秀なドライバーたちと台頭に走れることは分かったし、2010年からの復帰については後悔していない。でも、これ以上F1ドライバーとしてモチベーションを上げていくことが難しくなっている。また“さよなら”を言う時がやってきた」とコメントした。

もちろん、過去6勝挙げた鈴鹿サーキットでのレースも、これがラストランとなる。16時から行われたドライバーサイン会に笑顔で出席したシューマッハ。抽選に当選したファンの前に座ると、一人ひとりに笑顔でサイン。最後に「皆さん、良い週末を!また明日鈴鹿で会いましょう!」と気さくに挨拶してピットに戻っていった。

現在のパフォーマンスを見ると、残念ながらお世辞にも「鈴鹿で優勝!」とは言い難い状況にあるが、彼も大好きなサーキットであり、思い出の場所でもある鈴鹿で、“ベストレース”を見せてくれることを期待したい。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る