【F1】ミハエル・シューマッハが今季限りでの引退を発表「また、さよならを言う時がきた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

F1日本グランプリ開幕が明日に迫った4日(木)、鈴鹿サーキットのパドックに衝撃が走った。
夕方に行われたメルセデスAMGのホスピタリティで記者会見が行われ、ミハエル・シューマッハが今季いっぱいでの引退を表明したのだ。

1991年にF1デビューを果たしたシューマッハは過去最多となる通算91勝、7度のワールドチャンピオンを挙げている。特に1997年から在籍しているフェラーリチームとともに何度も王座に輝き、“フェラーリ黄金時代”を担ったドライバーでもある。2006年いっぱいで一度引退を決意するが、彼自身の中にあるレースに対する熱意は消えず、現役復帰を決意。2010年からメルセデスGP(現メルセデスAMG)からレース復帰を果たす。復帰以降の優勝はないものの、3シーズン目を迎えた今年はヨーロッパGPで表彰台に登るなど“皇帝”と言われていた時代の調子をとり戻し始めていた。

しかし先週、マクラーレンのルイス・ハミルトンがメルセデスAMGに移籍することが発表され、同時にニコ・ロズベルグも残留。シューマッハは実質的にシートを失った状態になっていた。

今回の会見でシューマッハは「まだ現在の優秀なドライバーたちと台頭に走れることは分かったし、2010年からの復帰については後悔していない。でも、これ以上F1ドライバーとしてモチベーションを上げていくことが難しくなっている。また“さよなら”を言う時がやってきた」とコメントした。

もちろん、過去6勝挙げた鈴鹿サーキットでのレースも、これがラストランとなる。16時から行われたドライバーサイン会に笑顔で出席したシューマッハ。抽選に当選したファンの前に座ると、一人ひとりに笑顔でサイン。最後に「皆さん、良い週末を!また明日鈴鹿で会いましょう!」と気さくに挨拶してピットに戻っていった。

現在のパフォーマンスを見ると、残念ながらお世辞にも「鈴鹿で優勝!」とは言い難い状況にあるが、彼も大好きなサーキットであり、思い出の場所でもある鈴鹿で、“ベストレース”を見せてくれることを期待したい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る