【F1】可夢偉がついにポール宣言!?FOTA Fans’ Forumが開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鈴鹿サーキットでのファンイベントのスケジュールが終わった18時30分。鈴鹿市文化会館でFOTA Fans‘Forum鈴鹿2012が開催された。

これはFormula One Teams Associationが主催するイベント。これまでも世界中のレース開催地でファンを交えてのフォーラムなどのイベントが開催され、今回ようやく鈴鹿でもフォーラム開催が実現することになった。

通常はもっと小規模で行われるが、熱心なF1ファンが多いことも考慮され、今日は385人のファンが会場に集った。

まず最初に、地元鈴鹿市の末松市長が登場「明日からのF1日本グランプリが皆様にとって思い出の1ページとなるように、願っております。」と挨拶した。

続いて登場したのは、日本人ドライバーの小林可夢偉。この日も午後のプレスカンファレンスやドライバーサイン会など、多忙なスケジュールの合間を縫って、フォーラムのステージに登場した。

まずはトークショーで今週末のレースについて語った可夢偉は「本当に今回はマシンの相性が良いので、週末が楽しみです。この前2位をとったスパの時と同じような手応えがあります」と自信をみせた。さらに「でもスパの時は予選2位で、今回も同じというわけにはいかないので・・・」とコメントすると、会場からポール宣言を期待する拍手が沸き起こり、これには可夢偉も少し苦笑いした後に「明日(金曜フリー走行)の状況を見てからでないと何も言えませんが・・・・ポールを目指して金曜フリー走行に臨みたいです。」と、意気込みを語った。

さすがにポール宣言は半ば強引な流れではあったが、今回の可夢偉とザウバーチームのマシンは、本当に期待できる出来になっているかもしれない。

また世界中のサーキットを転戦している可夢偉からみた鈴鹿サーキットについて聞かれると「まず鈴鹿サーキットは何周走っても飽きないくらい面白いコース。もっと凄いのがサーキットに集まるファンですね。この前のシンガポールはレース以外のイベントも含めて“エンターテイメント”の一環としてF1のレースがある感じですが、鈴鹿に来るファンは純粋にモータースポーツ観戦を楽しみに来ている人が多い。だからレースが始まっていない今日からあんなに盛りあがるんですよね。この雰囲気は鈴鹿にしかないです。」と語った。

最後にファンの前で挨拶した可夢偉、「今回で3度目の挑戦となる鈴鹿ですが、これまでの経験も必ず役に立つでしょうし、今回は本当にマシンの相性も良くチーム全体でも一番狙っているレースなので、残念な結果にならないように頑張ります。」と意気込みを語り、会場を後にした。

 

その後、ブリヂストンからフェラーリに移籍した浜島裕英氏やロータスの小松札雄氏も登場。普段は絶対に話せないトークで会場は賑わった。

こうして初日から、まるでレースセッションが始まったかのような熱気に包まれた鈴鹿。いよいよ明日からF1マシンの走行セッションが始まる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る