【F1】日本GP予選:ベッテルが唯一1分30秒台を叩き出しPP!可夢偉は不完全燃焼の4位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

例年にない盛り上がりを見せている鈴鹿サーキットで、いよいよ明日の決勝グリッドを決める公式予選がスタートした。

14時00分の予選開始を前に、各観戦スタンドはほぼ満員。0.001秒単位で繰り広げられるタイムアタック合戦を見守った。

20分間で行われた予選Q1から魅せてくれたのが、小林可夢偉(ザウバー)。多くのドライバーがタイヤ温存のためにハードタイヤを使う中、Q1からソフトタイヤを投入し、1分32秒042をマーク。そのまま2年連続でQ1トップ通貨かと思われたが、ロマン・グロージャン(ロータス)が1分32秒029でわずかに更新。可夢偉は2位通貨となった。一方、Q1から脱落の危機に陥ったのが、前日引退発表をしたミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)。Q1も残り数分というところでやっとコースインし、一発勝負のアタック。途中までQ2進出ラインを上回るタイムを出せていなかったものの、最後のシケインを上手くまとめ、0.056秒差でQ2進出を果たした。

続くQ2が始まると、母国GPでQ3、そして初のポールポジションを目指す可夢偉が真っ先にコースイン。これにはグランドスタンドのファンも大きな声援を送って、彼を送り出した。しかし、その可夢偉の前立ちはだかったのが、今週末好調のレッドブル勢。その中でも特に速さを見せたのが、鈴鹿を得意とするセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。1分31秒501でQ2トップ通過。可夢偉は最後のアタックでセクター1はベストタイムで通過できたものの、セクター2でややタイムロスがあったが、1分31秒886でQ3進出を果たした。

ベッテル、ウェバー、バトン、ハミルトン、アロンソ、ライコネン、グロージャン、ヒュルケンベルグ、可夢偉、ペレスが進出した最終Q3。ここでもレッドブル勢が他を圧倒する。まずはベッテルがいきなり1分30秒839で1分30秒台に唯一突入すると、ウェバーも1分31秒090で2位に飛び込む。一方、アロンソや可夢偉、ペレスらはタイヤ温存も考慮し、1回のみのタイムアタック。残り3分を切ったところで、満を持してピットアウトしていく。

しかし、ここでまさかの事態が発生。最終アタックに出たメンバーの中で、先頭を走っていたキミ・ライコネン(ロータス)がスプーンカーブでスピン。これで黄旗が出されてしまう。後ろを走っていた可夢偉も少なからず減速を余儀なくされ、1分31秒700。結局4位で予選Q3を終えることになった。

ライコネンのスピンにより、ほとんどのドライバーが好タイムを出すことが出来ず、そのままベッテルの通算34回目、前回シンガポールGPから2戦連続のポールポジションを獲得。ウェバーも2位が確定し、今季は中高速コーナーの多いコースで若干苦労が見られたレッドブル勢が、鈴鹿で復活のフロントロー独占を果たした。

3位にはジェンソン・バトン(マクラーレン)が入ったが、彼はギアボックスのペナルティにより、明日の決勝は5グリッド降格となる予定。可夢偉はバトンに一歩及ばずの4位だった。

しかし、Q3でのライコネンスピンしスプーンカーブが黄旗区間になっている状況下で、可夢偉を含め何人かのドライバーが自己ベストタイムを更新した。レギュレーション上では黄旗区間を通過して更新されたタイムは抹消される事になっており、現在コントロールタワーでは審議が行われている。

詳しい情報や、予選の正式結果が出次第、続報をお伝えしようと思う。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-6

    【2017F1日本GP】7月9日(日)から西エリアチケット・金曜日券を販売開始

    鈴鹿サーキットは7月9日(日)10:00からF1日本グランプリ「西エリアチケット」および「金…
  2. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  3. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第4戦がツインリンクもてぎで行われ、ピエール・…
  2. ©︎Red Bull モータースポーツと学生をつなぐイベントの一環として、関西の各大学が中…
  3. 今年もSUPER GTのGT500クラスに参戦するレクサス勢のドライバーによるファンイベント…
  4. 8月26・27日に鈴鹿サーキットで開催されるSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmを前に、ス…
  5. [table id=72 /]…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る